IDでもっと便利に新規取得

ログイン

後場コメント No.2 東京海上、内外テック、荏原、荒川化学、松屋R&D、応用地

3/22 15:04 配信

トレーダーズ・ウェブ

現在値
東京海上H5,130-35
内外テック3,920-20
荏原5,450+100
荒川化学1,221-1
松屋R&D4,630+100

★12:55  東京海上-大幅安 破綻したグリーンシルへのエクスポージャー予想以上と伝わる
 東京海上ホールディングス<8766>が大幅安。ブルームバーグは19日、同社が破綻した英金融会社グリーンシル・キャピタルの関連で、予想より大きなエクスポージャーに直面していると報じた。

 記事によれば、事情に詳しい関係者の話として、損失を抑えるための再保険契約が、グリーンシルと取引していた部門をカバーしていなかったことが分かったとしている。

★12:58  内外テック-反発 入江工研と資本業務提携 協力体制を充実
 内外テック<3374>が反発。同社は19日、業務提携先の入江工研(東京都千代田区)と、関係強化のために資本業務提携すると発表した。

 同社は中核事業である半導体関連事業分野における受託製造組立事業のほか、今後成長が期待される新市場の共同開発事業を協力してきたという。今回の資本業務提携を通じ、両社の協力体制をいっそう充実させ、事業規模の拡大と業務効率化を目指すとした。

 なお、資本提携内容については、3月29日を払込期限として、第三者割当などにより入江工研の普通株式1万4500株を取得する予定。これにより同社の保有割合は13.0%になるとしている。

★13:15  荏原-底堅い 半導体製造装置の生産強化 世界の需要増に対応
 荏原<6361>が底堅い。日本経済新聞電子版は22日11時、同社が半導体製造装置の生産体制を強化すると報じた。

 記事によれば、神奈川県と熊本県にある工場で生産ラインの自動化や増設を進め、同社のシェアが世界的に高い「ドライ真空ポンプ」と「CMP装置」の生産を増やすもよう。データ通信の増大による世界的な半導体需要の増加に対応する。2021年度には精密・電子事業での売上高を20年度比21%増の1700億円にする計画だとしている。

★13:16  荒川化学-反発 第5次5カ年計画を発表 26.3期売上高900億円目指す
 荒川化学工業<4968>が反発。同社は22日13時、第5次中期5カ年経営実行計画(22.3期~26.3期)を策定したと発表した。新たな5カ年計画では、26.3期通期の売上高は900億円(21.3期比31.4%増)、営業利益は65億円(同2.2倍)を目指すという。この目標実現に向け、ESGに関連した重要課題への取り組みや事業ポートフォリオ改革、新事業領域での事業創出などに取り組むとしている。

★13:19  松屋R&D-3日続伸 ドローン用エアバッグの実験計画を立案
 松屋アールアンドディ<7317>が3日続伸。同社は22日、同社製エアバッグを装備した1人乗りドローンの実機を使った落下実験を、無人にて行う計画を立案した(2021年度中を予定)と発表した。

 ドローン活用に向けた、航空法等の一部を改正する法律案を閣議決定を受け、ドローン落下時に対する安全対策への取り組みを進めるとしている。

★13:29  応用地質-8日続伸 パスコとリスク情報プラットフォーム参画企業の募集開始
 応用地質<9755>が8日続伸。同社は22日、パスコ<9232>と共同でリスク情報プラットフォーム参画企業の募集を始めると発表した。

 両社は2020年3月から幅広いビジネス分野を対象とした新たなリスク情報プラットフォームの構築に向けて取り組み、今回完成に至ったという。これに伴い、同プラットフォームへのコンテンツやサービス提供へ参画する企業を募集することとなった。併せて、サービス第1弾として両社協業による「土地情報レポート」を開始するとしている。

 なお、パスコは19日に発表した業績修正も好感され、大幅に上昇している。

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:3/22(月) 15:04

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング