• トップ
  • ニュース
  • 外国株
  • <米国株情報>セールスフォースは時間外で売り優勢、通期の売上高見通しが市場予想を下回る

<米国株情報>セールスフォースは時間外で売り優勢、通期の売上高見通しが市場予想を下回る

2/29 10:25 配信

ウエルスアドバイザー

現在値
NF NASDAQ-100NH28,430+490.00
NF NYダウ30種NH57,690+110.00
日興 上場S&P500米株8,658+60
SPDR S&P500 ETF79,410+690.00
SAM NYダウETF49,400+220.00

 クラウドベースの顧客管理ソフトを手掛けるセールスフォース・ドットコム<CRM>は28日の時間外取引で、日中終値比1.59%安の295.00ドルと下落した。同日引け後に発表した24年1月期第4四半期(23年11月-24年1月)の決算は市場予想を上回ったが、25年1月期の見通しが市場の期待に届かなかった。

 第4四半期は、売上高が前年同期比11%増の92億8700万ドルとなり、最終損益は14億4600万ドルの黒字(前年同期は9800万ドルの赤字)に転換。一時的項目を除いた調整後の希薄化後1株当たり利益(EPS)も同36%増の2.29ドルとなり、売上高、同EPSともに市場予想を上回った。生成型AI搭載の顧客管理ソフト「AIクラウド」が好調だったうえ、コスト削減が進んだ。

 同時に、初配当の実施と自社株買いを発表。初配当は3月14日時点の株主に対し、四半期配当として1株0.4ドルを支払う。自社株買いは100億ドル規模としている。

 一方、25年1月期については、売上高を377億-380億ドルと予想。市場予想の385億ドル超を下回った。調整後EPSは9.68-9.76ドルと予想し、市場予想の9.5ドル前後を上回っている。第1四半期(2-4月)は、売上高を91億2000万-91億7000万ドル、調整後EPSを2.37-2.39ドルと予想した。

<関連銘柄>
 NASD投信 <1545> 、NYダウ投信 <1546> 、上場米国 <1547>
 SPD500 <1557> 、NYダウ <1679> 、NYダウブル <2040>
 NYダウベア <2041>

提供:ウエルスアドバイザー社

ウエルスアドバイザー

関連ニュース

最終更新:2/29(木) 10:25

ウエルスアドバイザー

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング