キヤノン-反発 ペロブスカイト太陽電池向け高機能材料を開発

6/18 12:44 配信

トレーダーズ・ウェブ

現在値
キヤノン4,482+11

 キヤノン<7751>が反発。同社は18日11時、ペロブスカイト太陽電池の耐久性および量産安定性を向上させることが期待される高機能材料を開発したと発表した。
 
 同材料は、従来の材料では難しかった、高い光電変換効率を維持しながら光電変換層を厚く被覆できることが特長だという。ペロブスカイト太陽電池の発明者である桐蔭横浜大学の宮坂力特任教授らとの共同研究を通じて性能評価を行った結果、同材料がペロブスカイト太陽電池の耐久性向上に寄与する可能性が実証され、量産安定性の向上も期待できることが確認された。今後、さらなる技術開発を進め、2025年の量産開始をめざすとしている。

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:6/18(火) 12:44

トレーダーズ・ウェブ

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング