IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ゲーム株概況(11/6)】好決算評価のKLabとコナミHDが高い 国内証券が投資判断格上げのアカツキは3日ぶりに急反発 セガサミーHDは後場急騰

11/6 18:20 配信

Social Game Info

11月6日の東京株式市場では、日経平均は4日続伸し、前日比219.95円高の2万4325.23円で取引を終えた。米国市場の上昇につられ、国内市場も景気敏感株を中心に幅広い銘柄が物色された。なお、日経平均は終値ベースでバブル後高値を更新した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、前日11月5日に発表した第3四半期決算の内容が素直に好感されたKLab <3656> が高く、同じく第2四半期決算が市場予想を上回ったと評価されたコナミHD <9766> も年初来高値を更新した。

また、前場引け後に第2四半期決算の発表とともにリストラによる構造改革を発表したセガサミーHD <6460> は、同時に2021年3月期の通期の予想が8月発表時点よりも赤字幅が縮小する見込みになったことも明らかにしており、後場に入って急騰した。

東海東京証券が投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に格上げし、目標株価も3900円から6500円に引き上げたアカツキ <3932> は3日ぶりに急反発した。

半面、前日の決算発表銘柄では、ボルテージ <3639> が売られ、任天堂 <7974> もさえない。

サイバーエージェント <4751> やDeNA <2432> など主力株の一角も軟調な推移となった。

Social Game Info

関連ニュース

最終更新:11/6(金) 18:20

Social Game Info

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング