IDでもっと便利に新規取得

ログイン

前場コメント No.4 日電硝、オプティム、ISID、サイゼリヤ、イオンモール、中外薬

7/19 11:30 配信

トレーダーズ・ウェブ

現在値
日電硝2,377-31
オプティム1,922-40
ISID4,360-110
サイゼリヤ2,731-48
イオンモル1,663-19

★9:24  日本電気硝子-三菱UFJMSが目標株価引き上げ 21/12期下期からの増益率縮小を予想
 日本電気硝子<5214>が反落。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、21/12期下期からの増益率縮小を予想。投資判断「Neutral」を継続、目標株価を2600円→2900円と引き上げた。

 三菱UFJMS予想を上方修正し、目標株価を引き上げた。1Q(1-3月)営業利益のYoYおよびQoQ増益をけん引したディスプレイ用ガラス事業は、販売数量増加・価格上昇影響などから2Qまでの業績は堅調とみる。しかし3Qからはディスプレイ用ガラス事業では新ライン立ち上げ(厦門3期ライン)がスタートすることからコストアップが見込まれる。もう1つの主力事業ガラスファイバでは自動車向けを中心に足元で需要が堅調だが、すでに1Q時点で主力マレーシア拠点がフル稼働に近く2Q以降のさらなる販売数量増加が見込み難い。以上を踏まえ 21/12期下期の全社営業利益は上期対比で減益と予想している。

★9:28  オプティム-大幅高 「NEXT1000」売上高純利益率を高めた企業で1位を好感
 オプティム<3694>が大幅高。19日付の日本経済新聞朝刊が、売上高100億円以下の中堅上場企業「NEXT1000」を対象に21.3期の売上高純利益率を調べ、20.3期比の改善幅が大きい順にランキングした結果、同社が1位となったことが材料視されているようだ。

 記事によれば、業務端末を遠隔管理するIoT関連サービスが伸びたもよう。在宅勤務の需要を取り込んだようだ。21.3期の連結売上高純利益率は16%と14.7ポイント改善したとしている。

★9:29  ISID-大幅反落 上期営業益予想を上方修正も材料出尽くし
 ISID(電通国際情報サービス)<4812>が大幅反落。同社は16日、21.12期上期(1-6月)の連結営業利益予想を従来の60.0億円から65.3億円(前年同期比6.4%減)に上方修正すると発表した。

 製造ソリューションおよびコミュニケーションITセグメントを中心に予想を上回る見通しとなり、販管費が計画より減少したことも寄与する。

 なお、業績修正値が前年同期実績を下回ったこともあり、株価は材料出尽くしで売りが優勢となっている。

★9:31  サイゼリヤ-三菱UFJMSが目標株価引き上げ 海外事業の成長は国内同業比で業績優位性ある
 サイゼリヤ<7581>が続落。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、海外事業の成長は国内同業比でみて業績優位性があると判断。投資判断「Hold」を継続、目標株価を2500円→2700円と引き上げた。

 中期的な海外成長ポテンシャルに引き続き注目。一方、国内は収益改善続くが、既存店売上の回復が依然として弱いため、投資判断「Hold」を継続する。ただ、海外事業は好調となっている。直近1-3月既存店売上はコロナ前比で上海が10.8%増、広州が17.0%増と日本と対照的に好調。出店も両エリアとも好調。海外で収益基盤を確立している同社は同業の中でも業績面で優位であると指摘している。

★9:32  イオンモール-三菱UFJMSが目標株価引き下げ 国内モールの回復遅延リスクを注視
 イオンモール<8905>が5日ぶり反落。三菱UFJモルガンスタンレー証券では、国内モールの回復遅延リスクを注視と指摘。レーティングは「Neutral」を継続、目標株価は1950円→1800円に引き下げた。

 新型コロナウィルスを契機に人々の行動様式が変化している可能性があり、特に国内の既存モールが新型コロナウィルス前の売上高水準に回復するにはやや時間を要すると考えている。22/2期1Q決算を踏まえ、同社の営業利益予想を22/2期530億円(従来590億円、会社計画590億円)、23/2期600億円(同625億円)に下方修正した。緊急事態宣言の影響などにより国内モール、ベトナムのロックダウンの影響などによりASEANを下方修正した。

★9:39  中外製薬-4日ぶり反発 抗体カクテルきょう審議 治療薬4例目へと報じられる
 中外製薬<4519>が4日ぶり反発。19日付の日刊工業新聞は、同社が厚生労働省に製造販売承認を申請中の新型コロナウイルスの治療薬候補「抗体カクテル療法」について、きょう開催の専門部会で承認の可否が審議されると報じた。

 記事によれば、軽症や中等症患者向けを想定しており、承認されれば新型コロナ治療薬としては、抗ウイルス薬「レムデシビル」、抗炎症薬「デキサメタゾン」、関節リウマチ薬「バリシチニブ」に続き、4例目になるとしている。

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:7/19(月) 11:30

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング