〔東京外為〕ドル、159円台半ば=調整売りで上値重い(25日午後3時)

6/25 15:05 配信

時事通信

 25日午後の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、調整的な売りに押され、1ドル=159円台半ばで上値の重い展開となっている。午後3時現在は、159円44~46銭と前日(午後5時、159円68~69銭)比24銭のドル安・円高。
 ドル円は早朝、前日の海外時間に方向感を欠いた流れを受け、159円60銭付近で取引された。午前9時前後にやや買われる場面もあったが、仲値にかけては実需筋の売りが厚く、159円20銭近辺に下落。ただ、同水準では買い戻しが入り、正午にかけて159円30銭台で下げ渋った。午後は159円50銭前後に持ち直す場面もあったが、調整的な売りにやや押されている。
 前日の海外市場では、欧州時間は大口のドル売り・円買いを受け、一時158円80銭台に水準を切り下げた。ただ、押し目買いですぐに戻し、米国時間に入ると中盤には159円70銭台に持ち直した。終盤は159円50~60銭台でもみ合った。
 東京時間は「実需筋の買いが優勢になるとの見方もあったが、実際には売りのフローが多く、いったん下押す展開になった」(為替ブローカー)とされる。下値では押し目買いも旺盛だったが、「午前中に下押したことで上値の重さが意識された」(同)とされ、午後は調整売りが出やすい地合いとなった。「介入警戒感もあり、いったん上値を攻めにくい状況になった」(大手邦銀)との声が聞かれる。
 ユーロは午後に入って対円で小高い、対ドルは横ばい圏。午後3時現在、1ユーロ=171円27~28銭(前日午後5時、171円06~08銭)、対ドルでは1.0741~0741ドル(同1.0712~0713ドル)。(了)

時事通信

関連ニュース

最終更新:6/25(火) 15:35

時事通信

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング