IDでもっと便利に新規取得

ログイン

前場コメント No.3 文教堂HD、国際紙パ、ファナック、7&I、高島屋、共同印

9/24 11:32 配信

トレーダーズ・ウェブ

★9:07  文教堂GHD-大幅高 株主優待制度を変更 優待内容の選択肢にQUOカードを追加
 文教堂グループホールディングス<9978>が大幅高。同社は22日、株主優待制度を変更すると発表した。

 従来内容の5%割引優待カードに加え、保有株数に応じたQUOカードを優待の選択肢に追加した。2021年8月末時点の株主を対象にした優待分から変更を実施する。

★9:07  国際紙パルプ商事-大幅高 183万2998株の自己株消却へ 割合は2.44%
 国際紙パルプ商事<9274>が大幅高。同社は22日、183万2998株の自己株を消却すると発表した。消却予定日は10月1日。消却前の発行済株式総数に対する割合は2.44%となる。

★9:09  ファナック-3日ぶり反発 EV生産用ロボを量産=日経
 ファナック<6954>が3日ぶり反発。24日付の日本経済新聞朝刊は、同社が電気自動車(EV)の生産を効率化できるロボットの量産を12月から始めると報じた。

 記事によれば、アームの可動域を広げ、リチウムイオン電池の搬送・組み立てなどを省スペースでできるようになるもよう。自動車各社がEVシフトを進めるなか、生産の自動化需要を取り込むとしている。

★9:09  セブン&アイ-続伸 日米で「スマホレジ」導入 生産性向上=日経
 セブン&アイ・ホールディングス<3382>が続伸。23日付の日本経済新聞朝刊は、同社傘下のセブン―イレブン・ジャパンが日米の店舗で、利用客が自分のスマートフォンで商品バーコードを読み取り決済できる「スマホレジ」を導入すると報じた。

 記事によれば、客は会計待ちの列に並ぶ必要がなくなる。店側はレジ業務を減らして店頭商品の宅配など新サービスに注力できる。人手不足が深刻さを増すのに備えコンビニエンスストア各社はデジタル技術で生産性の向上を狙うとしている。

★9:10  高島屋-4日ぶり反発 古着回収し新たな衣料に 三陽商会など15社と連携=日経
 高島屋<8233>が4日ぶり反発。24日付の日本経済新聞朝刊は、同社がアパレルメーカーと店頭で回収した衣料を再生し、販売する取り組みを始めると報じた。

 記事によれば、10月から三陽商会<8011>など15社・ブランドが発売し、最大100社ほどに広げるという。百貨店での販路を確保しつつ、量産効果で収益も確保しやすくし、再生衣料の普及につなげるようだ。小売りとメーカーが大規模に連携するのは珍しいが、消費者の環境意識が高まるなか、価格面を含め持続可能な循環システムを構築するとしている。

★9:10  共同印刷-3日ぶり反発 政策保有株を売却 2Qに特別利益計上へ
 共同印刷<7914>が3日ぶり反発。同社は22日、保有する上場有価証券を一部売却したことにより、22.3期2Q(4-9月)において特別利益4億5100万円を計上すると発表した。政策保有株式の見直し及び保有資産の効率化を図るため。なお、通期業績予想には織り込み済みとしている。

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:9/24(金) 11:32

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング