• トップ
  • ニュース
  • 日本株
  • 前場コメント No.2 ノジマ、コロワイド、栗田工、AIメカテック、ファナック、オービック

前場コメント No.2 ノジマ、コロワイド、栗田工、AIメカテック、ファナック、オービック

2/21 11:30 配信

トレーダーズ・ウェブ

現在値
AIメカ3,310-100
栗田工6,200-217
ファナック4,510+114
ノジマ1,817-29
コロワイド2,092.5-28

★9:01  ノジマ-買い気配 200万株・40億円を上限に自社株買い 割合は2.04%
 ノジマ<7419>が買い気配。同社は20日、200万株・40億円を上限とした自己株取得枠を設定すると発表した。取得期間は2024年2月21日~2025年2月20日。なお、上限株数を取得した場合の自己株式を除いた発行済株式総数に対する割合は2.04%となる。
  

★9:02  コロワイド-反発 病院給食に本格参入 ニフスを買収=日経
 コロワイド<7616>が反発。21日付の日本経済新聞朝刊は、同社が病院や介護給食事業を展開するニフス(埼玉県川越市)を買収することが20日、わかったと報じた。

 記事によれば、病院や介護施設給食の受託運営や、かむ力や飲み込む力が弱くなった高齢者向けの嚥下食製造のノウハウを取り込むもよう。給食の中でもビジネスが比較的堅調な病院・介護向け分野を拡大し事業全体を底上げする。買収額は十数億円程度とみられるとしている。

★9:02  栗田工業-大和が目標株価引き上げ 派手さはないが着実な成長を評価
 栗田工業<6370>が4日ぶり反落。大和証券では、派手さはないが着実な成長を評価として、投資判断「2(アウトパパフォーム)」を継続、目標株価を6000円→6300円に引き上げた。

 大和では、来期以降に向けて、国内外市場で予定されている数多くの半導体関連案件から着実な選別受注を行うことや、超純水供給事業では年度後半頃と想定される新たな顧客向けの着実な立ち上げが注目点と指摘。CSV事業について相対的に収益性は高いとし、地道な積み上げを引き続き注視したい、としている。

★9:02  AIメカテック-売り気配 新株予約権で26.9億円調達 設備投資資金に充当
 AIメカテック<6227>が売り気配。同社は20日、みずほ証券を割当先とする第三者割当による第3回新株予約権(停止指定条項付)の発行を行うと発表した。

 割当日は3月7日。発行数は6530個(潜在株式数65万3000株)。当初行使価額は4121円。下限行使価額は3136円。差引手取概算額として26億8941万1490円を調達し、装置組み立て用建屋などの設備投資資金に充当する。発行済み株式総数に対する希薄化率は最大で11.60%。

★9:03  ファナック-もみ合い スペイン拠点を拡張 欧州事業強化=日経
 ファナック<6954>がもみ合い。21日付の日本経済新聞朝刊は、同社がスペインで工作機械などに使うコンピューター数値制御(CNC)装置やロボットの販売などを手掛ける拠点を拡張したと報じた。

 記事によれば、従来の拠点からの移転を機に床面積を4倍に広げたもよう。製品の展示室や取引先向けに研修コースを提供するスペースを充実させ、販売拡大につなげるとしている。

★9:03  オービック-続伸 75万株・167億円を上限に自社株買い 割合は0.84%
 オービック<4684>が続伸。同社は20日、75万株・166億5000万円を上限とした自己株取得枠を設定すると発表した。2024年2月20日の終値(最終特別気配値を含む)22200円で、2024年2月21日午前8時45分の東京証券取引所の自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)において買い付けの委託を行う。なお、上限株数を取得した場合の自己株式を除いた発行済株式総数に対する割合は0.84%となる。 

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:2/21(水) 11:30

トレーダーズ・ウェブ

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング