IDでもっと便利に新規取得

ログイン

前場コメント No.6 Uアローズ、プロルート、ホギメディ、ベクトル、KOA、エプソン

8/4 11:33 配信

トレーダーズ・ウェブ

現在値
Uアローズ1,966+39
プロルート326-7
ホギメディ3,355-50
ベクトル1,149+27
KOA1,839-1

★9:22  ユナイテッドアローズ-大幅続落 7月の小売+ネット通販既存店売上高は前年同月並み
 ユナイテッドアローズ<7606>が大幅続落。同社は3日の大引け後に、7月の小売+ネット通販既存店売上高が前年同月並みだったと発表した。全社売上高は同1.7%減だった。

 梅雨明けに伴う気温上昇や春夏セールの開始により盛夏商品に動きがみられ、小売既存店売上高は前年を上回った。ネット通販既存店売上高は前年のセール施策の反動などで前年割れしたものの、小売+ネット通販既存店売上高では前年同水準となっている。

★9:22  プロルート丸光-3日続落 通期営業益を上方修正も利益確定売り優勢
 プロルート丸光<8256>が3日続落。同社は3日、22.3期通期の連結営業利益予想を従来の1.4億円から2.3億円(前期比3.6倍)に引き上げると発表した。

 マイクロブラッドサイエンス社の子会社化による連結効果から、前回予想を上回る見通し。

 22.3期1Q(4-6月)の連結営業損益は2600万円の赤字(前年同期は300万円の赤字)だった。株価は買い先行も利益確定売りが優勢となり、マイナスに転じている。

★9:23  ホギメディカル-東海東京が目標株価を引き上げ 22/3期は2期ぶりに2 桁営業増益予想
 ホギメディカル<3593>が反発。東海東京調査センターでは、22/3期は2期ぶりに2 桁営業増益予想。レーティングは「Neutral」を継続、目標株価は3570円から3870円に引き上げた。

 会社側は22/3期業績については、期初計画を変更せず売上高384.0億円(前年比5.2%増)、営業利益63.5億円(同12.7%増)と計画。東海東京は22/3期通期の営業利益が会社計画並みの63.0億円(同 11.9%増)と予想している。引き続き新型コロナウイルスの感染拡大が続いており、手術の本格回復によるキット製品等の拡大にはまだ時間がかかるとみている。続く23/3期は新型コロナウイルスの感染が徐々に下火になるとの見込みからキット製品等の本格回復も期待され、連続して営業2桁増益を予想している。

★9:23  ベクトル-東海東京が目標株価を引き上げ PR・広告事業がコロナ禍前に回復
 ベクトル<6058>がもみ合い。東海東京調査センターでは、PR・広告事業がコロナ禍前に回復と指摘。レーティングは「Outperform」を継続、目標株価は1250円から1340円に引き上げた。

 営業利益予想は22/2期44億円、23/2期55億円、24/2期64億円と、従来予想の22/2期41億円、23/2期51億円、24/2期59億円から上方修正した。1Q(3-5月)実績を踏まえ、PR・広告事業の見通しを引上げた。緊急事態宣言下ながら、1QのPR・広告事業はコロナ禍前の20/2期1Q以上の業績を達成。企業のデジタル対応を追い風に、物事を広める各種サービスをワンストップで提供する「FAST COMPANY」戦略が奏功しているとみている。

★9:24  KOA-三菱UFJMSが目標株価引き上げ 需給バランス逼迫を保ち安定成長の局面へ
 KOA<6999>が3日続伸。三菱UFJモルガンスタンレー証券では、生産能力をジワジワ増強、需給バランス逼迫を保ち安定成長の局面と指摘。レーティングは「Overweight」を継続、目標株価は2200円→2400円に引き上げた。

 営業利益は22/3期を旧予想比19億円増の70億円、23/3期を同15億円増の78億円、24/3期を同15億円増の90億円に修正した。1Q実績におけるBBレシオは4Qからやや低下したが1.27と依然高水準とし、受注高実額はQoQ7%増と4月時の三菱UFJ予想に反して増加した点に注目した。車載等の好調に加え、産機の回復が春先から顕在化したことが背景という。2Q以降、受注は減速し正常化に向かうとみるものの、BBレシオプラスを保ちながら下期に底打ちすると予想している。

★9:32  セイコーエプソン-野村が目標株価引き上げ 非在宅分野が好調
 セイコーエプソン<6724>が3日続伸。野村証券では、インクジェットプリンター(IJP) のリーディング企業としての成長性を評価。投資評価は「Buy」を継続、目標株価は2300円→2600円に引き上げた。

 4~6月期の事業利益は前年同期比5.6倍の242億円。在宅需要が継続したオフィス・ホームIJPだけでなく、商業・産業IJPやマニュファクチャリングソリューションズ (ロボット) など在宅関連以外も好調だった。また今後も地政学リスクや環境問題への対応から、多品種小ロット生産や分散・近消費地生産の流れが加速し、幅広い分野でインクジェット技術の活用機会が増していくと考えている。

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:8/4(水) 11:33

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング