IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コニカミノルタなど-大幅安 キャノン大幅減益で事務機器関連に売り広がる

7/29 13:51 配信

トレーダーズ・ウェブ

現在値
コニカミノ262+6
リコー695+13
エプソン1,087+21
ブラザー工1,621+43
キヤノン1,730.5+44

 コニカミノルタ<4902>、リコー<7752>、セイコーエプソン<6724>、ブラザー工業<6448>など複合機関連事業を手掛ける企業が軒並み大幅安。

 28日、事務機器最大手のキヤノン<7751>は、20.12期上期(1-6月)の連結営業利益が151億円(前年同期比81.9%減)だったと発表。新型コロナウイルス感染症の影響などからプリンターなどの事務機器関連の販売が前年同期を下回り、2Q(4-6月)の連結営業損益は178億円の赤字となった。

 同決算を受け、事務機器の不調が続くとの見方から関連銘柄にも売りが広がっている。コニカミノルタは安いところで10%安となり、年初来安値を更新している。

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:7/29(水) 13:52

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング