東証スタンダード(大引け)=値上がり優勢、山大、テーオーHDがS高

2/22 15:02 配信

株探ニュース

 22日大引けの東証スタンダード市場は値上がり銘柄数822、値下がり銘柄数630と、値上がりが優勢だった。

 個別では山大<7426>、テーオーホールディングス<9812>がストップ高。フュートレック<2468>、メディカル一光グループ<3353>は一時ストップ高と値を飛ばした。日本電技<1723>、富士古河E&C<1775>、森組<1853>、テクノ菱和<1965>、高田工業所<1966>など58銘柄は昨年来高値を更新。フォーサイド<2330>、浜井産業<6131>、enish<3667>、日本電子材料<6855>、セブン工業<7896>は値上がり率上位に買われた。

 一方、Robot Home<1435>、リニカル<2183>、マーチャント・バンカーズ<3121>、アトラグループ<6029>、ユニバーサルエンターテインメント<6425>など6銘柄が昨年来安値を更新。アースインフィニティ<7692>、アルデプロ<8925>、ペッパーフードサービス<3053>、ハブ<3030>、アスマーク<4197>は値下がり率上位に売られた。

株探ニュース(minkabu PRESS)

株探ニュース

関連ニュース

最終更新:2/22(木) 15:30

株探ニュース

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング