坪田ラボ-底堅い 住友ファーマとのパーキンソン病に関するプロジェクトが終了

5/23 9:09 配信

トレーダーズ・ウェブ

現在値
住友ファマ417+5
坪田ラボ440-8

 坪田ラボ<4890>が底堅い。同社は22日、住友ファーマ<4506>との「TLG-005パーキンソン病」に関する独占的実施権を解消すると発表した。両社は「TLG-005」に関する非臨床研究、および同社が実施した特定臨床研究の結果を基に、今後の事業化検討に向けた協議を進めていたという。
 
 特定臨床研究では重篤な有害事象は発生せず、治療効果に関しては一定の効果が確認されたものの、住友ファーマは今回の特定臨床研究の結果のみで事業価値の算定が困難であると判断したとしている。
 
 「TLG-005パーキンソン病」については、今後新たなグローバル企業との提携をめざし、交渉を進めるという。「TLG-005 うつ病」および軽度認知障害に関しては、引き続き住友ファーマとの共同研究について検討を続けるとしている。

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:5/23(木) 9:09

トレーダーズ・ウェブ

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング