• トップ
  • ニュース
  • 日本株
  • 前場コメント No.5 学びエイド、三住トラスト、西松屋チェ、テクノロジー、曙ブレーキ、JRC

前場コメント No.5 学びエイド、三住トラスト、西松屋チェ、テクノロジー、曙ブレーキ、JRC

6/17 11:32 配信

トレーダーズ・ウェブ

★9:20  学びエイド-買い気配 今期営業益37%増見込む 前期は31%増
 学びエイド<184A>が買い気配。同社は14日、25.4期通期の営業利益予想を2.0億円(前期比37.3%増)にすると発表した。

 時代とともに多様化・変化する教育ニーズに対応するため、コンテンツ制作体制の強化などを通じ、中高生のみならず、小学生まで対象範囲を拡大し新しい良質な映像コンテンツを継続的に提供していくとしている。

 24.4期通期の連結営業利益は1.5億円(前の期比31.3%増)だった。

 教材の「映像授業化」とそれを配信する「配信サービス」を提供する「学びエイドforEnterprise」が前年同期比で大幅増収となったことなどが寄与した。

★9:23  三井住友トラスト-大和が目標株価を引き上げ ベア投信の損失懸念を概ね解消
 三井住友トラスト・ホールディングス<8309>が続伸。大和証券では、ベア投信の損失懸念を概ね解消と指摘。投資判断は「2(アウトパフォーム)」を継続、目標株価は3500円→4000円に引き上げた。

 大和では、第1四半期の利益進捗は手数料収益等の季節性要因もあり他行比で見劣りする見通しとしながらも、ベア投信に係る損失増大懸念が払拭される中、通期計画の下振れ懸念は小さいと考えている。また、大幅増配計画により今期予想配当利回りは4.13%と大手銀行中トップであり、配当株として高い投資魅力と指摘。更に、本邦のデフレ脱却が進む中、国内金利上昇・投資資金拡大は同行のビジネス上の追い風にもなると見られ、中長期投資の観点で推奨している。

★9:25  西松屋チェーン-急落 1Q営業益7%増も材料出尽くし
 西松屋チェーン<7545>が急落。同社は14日、25.2期1Q(2月21日-5月20日)の営業利益は49.5億円(前年同期比6.7%増)だったと発表した。4月以降の気温上昇に伴い、春物衣料や夏物衣料が好調に推移した。市場コンセンサスは49.7億円。

 なお、着地がコンセンサス並みだったこともあり、株価は材料出尽くしによる売りがでている。

★9:28  テクノロジーズ-急落 1Q営業赤字縮小も赤字継続を嫌気
 テクノロジーズ<5248>が急落。同社は14日、25.1期1Q(2-4月)の連結営業損益は1500万円の赤字(前年同期は3000万円の赤字)だったと発表した。

 再エネソリューション事業の寄与により、前年同期比で大幅な増収となったものの、保有する土地の固定資産税の支払い、大型EPC磐城特別高圧案件に係る銀行へのコンサルティング費用などの一過性の販管費が発生したことが響いた。

★9:35  曙ブレーキ-急騰 支援後債権の残高を完済へ 事業再生計画期間は終了
 曙ブレーキ工業<7238>が急騰。同社は14日に、6月28日を借入実行日とし、ドイツ銀行東京支店をアレンジャーとするリファイナンス資金の借入契約を締結し、これらを返済原資として、事業再生計画に定められている2024年6月30日を期限としていた既存の借入金(以下、支援後債権)の残高を完済すると発表した。

 これにより、2024年6月28日をもって事業再生計画期間が終了する。また、今回の借入契約の締結により、継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせるような事象または状況は解消したと判断して、2024年6月27日提出予定の第128期 有価証券報告書における「継続企業の前提に関する注記」の記載をしないとした。

★9:37  JRC-大幅高 6月23日放送予定の「がっちりマンデー!!」で同社が紹介
 JRC<6224>が大幅高。同社は16日、23日放送予定のTBS系列番組「がっちりマンデー!!」において同社が紹介される予定だと発表した。

 「僕たち上場しました2024!今年もスゴい会社が続々!」の特集の中で、当社の主力製品である「ローラ」(屋外用ベルトコンベヤ向けローラ)が取り上げられる予定だとしている。

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:6/17(月) 11:32

トレーダーズ・ウェブ

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング