東京外国為替市場概況・17時 スイスフラン、急落

6/20 17:07 配信

トレーダーズ・ウェブ

 20日午後の東京外国為替市場でスイスフランは急落した。スイス国立銀行(中央銀行、SNB)はこの日、政策金利を0.25%引き下げて1.25%にすることを公表。市場予想は据え置きと引き下げで拮抗していた。SNBは声明で2024年から26年までのインフレ率予測を下方修正し、また為替介入についても再度言及した。
 結果を受けてフラン円は179円付近から177.81円まで下げ足を速めた。ドルスイスフランが0.8902フランまでフラン安に振れ、ユーロスイスフランも0.94フラン後半から0.9550フランまでユーロ買いフラン売りが進んだ。

 ドル円は強含み。17時時点では158.27円と15時時点(158.10円)と比べて17銭程度のドル高水準だった。フラン円の大幅下落が重しとなるも、地合いの強さは継続。ドルスイスフランのドル高基調につれて、14日高値158.26円を上回り、17時過ぎには158.40円まで値を上げた。

 ユーロドルはやや弱含み。17時時点では1.0724ドルと15時時点(1.0737ドル)と比べて0.0013ドル程度のユーロ安水準だった。こちらもドルスイスフランのドル高に引きずられ、1.0722ドルまで下押しした。もっともユーロスイスフランの影響も受けて下落の勢いは強まらなかった。

 ユーロ円は17時時点では169.73円と15時時点(169.75円)と比べて2銭程度のユーロ安水準だった。169.65円まで下押し後は169.70円前後でもみ合った。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:157.92円 - 158.40円
ユーロドル:1.0722ドル - 1.0749ドル
ユーロ円:169.65円 - 169.92円

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:6/20(木) 17:10

トレーダーズ・ウェブ

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング