<米国株情報>スナップCEO、「スナップチャット」へのAI導入のため投資拡大へ

5/20 10:10 配信

ウエルスアドバイザー

現在値
NF NASDAQ-100NH32,520-380.00
NF NYダウ30種NH63,580+590.00
日興 上場S&P500米株9,729-29
SPDR S&P500 ETF89,030-230.00
SAM NYダウETF54,170+810.00

 メッセージングアプリ「スナップチャット」を運営するスナップ<SNAP>のエバン・シュピーゲルCEO(最高経営責任者)は17日、経済通信社ブルームバーグのインタビューで、AI(人工知能)システムの導入を促進するため、投資を拡大していることを明らかにした。

 具体的には、機械学習とAI、拡張現実機能を拡大する計画で、年間15億ドルの投資ペースを今後も継続するとしている。特に、友人同士で24時間だけ見られる複数のスナップ(写真や動画)を送信する機能「ストーリーズ」と、クリエーター向け短編(30秒)動画の投稿機能「スポットライト」を改善し、将来的にこれら2製品を統合したい考え。

 シュピーゲルCEOはインタビューで、機械学習の分野で遅れていることが業績に反映されていると指摘。「今後は機械学習のトップエンジニアを集めて改善に取り組む」と述べ、AI導入の遅れを取り戻すことが急務とした。

<関連銘柄>
 NASD投信 <1545> 、NYダウ投信 <1546> 、上場米国 <1547>
 SPD500 <1557> 、NYダウ <1679> 、NYダウブル <2040>
 NYダウベア <2041>

提供:ウエルスアドバイザー社

ウエルスアドバイザー

関連ニュース

最終更新:5/20(月) 10:10

ウエルスアドバイザー

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング