【市場反応】米5月ISM製造業景況指数は予想外に悪化、ドル続落

6/3 23:24 配信

フィスコ

全米供給管理協会(ISM)が発表した5月ISM製造業景況指数は48.7と、4月49.2から上昇予想に反し低下し、2月来で最低となった。支払い価格は60.9から57と予想以上に低下し、3月来で最低。一方で、雇用は51.1と、予想外に昨年9月来で初めて活動の拡大域を回復。22年3月来で最高となった。

同時刻に発表された米4月建設支出は前月比―0.1%と、予想外に3月-0.2%に続き2カ月連続のマイナス。

予想を下回った結果を受け、年内の利下げ観測が強まり米国債相場は続伸。10年債利回りは4.47%から4.4%まで低下した。ドル売りも加速し、ドル・円は156円94銭から156円17銭まで下落。ユーロ・ドルは1.0841ドルから1.0882ドルまで上昇し、日中高値を更新。ポンド・ドルは1.2725ドルから1.2784ドルまで上昇し、5月28日来の高値を更新した。

【経済指標】
・米・4月建設支出:前月比―0.1%(予想:+0.2%、3月:-0.2%)
・米・5月ISM製造業景況指数:48.7(予想:49.7、4月:49.2)


《KY》

フィスコ

最終更新:6/3(月) 23:24

フィスコ

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング