• トップ
  • ニュース
  • FX
  • トール・ブラザーズが決算受け上昇 通期引き渡し戸数の見通し上方修正=米国株個別

トール・ブラザーズが決算受け上昇 通期引き渡し戸数の見通し上方修正=米国株個別

2/22 0:38 配信

みんかぶ(FX)

(NY時間10:25)(日本時間00:25)
トール・ブラザーズ <TOL>  110.31(+6.76 +6.53%)

  高級住宅建設のトール・ブラザーズ <TOL> が上昇。前日引け後に11-1月期決算(第1四半期)を発表し、1株利益、売上高とも予想を上回った。受注戸数も予想を上回っている。また、通期ガイダンスで、引き渡し戸数の見通しを上方修正したことも好感されている模様。11、12月は住宅ローン金利が低下したことが追い風となったようだ。

 イヤリーCEOは声明で「第1四半期の業績を踏まえ、また春の販売シーズンが好調な滑り出しとなったことから、すべての主要指標において通期ガイダンスを上方修正した。また、今月初めには1億8070万ドルで土地を商業デベロッパーに売却し、第2四半期に約1億7500万ドルの税引き前土地売却益を計上する予定だ」と述べた。

(11-1月・第1四半期)
・1株利益(調整後):2.25ドル(予想:1.78ドル)
・売上高:19.5億ドル(予想:18.7億ドル)
・住宅粗利益率(調整後):28.9%(予想:27.9%)
・販売戸数:1927戸(予想:1863戸)
・新規受注戸数:2042戸(予想:1914戸)
・受注残:70.8億ドル(予想:69.1億ドル)
・販管比率:11.9%(予想:12.1%)

(2-4月・第2四半期見通し)
・住宅粗利益率(調整後):27.6%(予想:27.6%)
・販管比率:9.7%(予想:9.9%)
・引き渡し戸数:2400~2500戸(予想:2494戸)

(通期見通し)
・引き渡し戸数:1万~1万500戸(従来:9850~1万350戸)
・住宅粗利益率(調整後):28.0%(従来:27.9%)(予想:27.7%)
・販管比率:9.8%(従来:9.9%)(予想:9.8%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

みんかぶ(FX)

関連ニュース

最終更新:2/22(木) 0:38

みんかぶ(FX)

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング