アジア株市況-上海総合指数は反発 政策期待の買いが支え

2/29 17:45 配信

トレーダーズ・ウェブ

 アジア株はまちまち。上海総合指数は反発した。安く寄り付いた直後、プラス圏に浮上して上げ幅を拡大。「両会」(全国人民代表大会と全国政治協商会議)の開幕を来週に控え、ハイテク分野を中心に幅広いセクターで買いが膨らんだ。中盤は心理的節目の3000ポイント付近で伸び悩んだものの、同水準を上抜けてこの日の高値圏で終えた。

 休場明けの台湾は上昇。フィリピンやマレーシアなども堅調に推移している。一方、ハンセン指数はプラス圏とマイナス圏を行き来して小幅続落。タイやインドネシアが軟調に推移している。


ハンセン
 16511.44 -25.41(-0.15%)
レッドチップ
 3397.89 -28.72(-0.83%)
上海総合
 3015.17 +57.32(+1.93%)
台湾加権
 18966.77 +112.36(+0.59%)
韓国総合
 2642.36 -9.93(-0.37%)
ムンバイSENSEX(取引中)*
 72426.91 +122.03(+0.16%)
タイ SET(取引中)
 1371.85 -10.2(-0.73%)
ジャカルタ総合(取引中)
 7309.3 -19.34(-0.26%)
マレーシアFBM KLCI(取引中)
 1553.93 +8.34(+0.53%)
フィリピン総合
 6944.71 +68.19(+0.99%)
シンガポールST(取引中)*
 3144.22 +5.29(+0.16%)
ベトナムVN
 1252.73 -1.82(-0.14%)

17時43分現在
*は15分遅れ

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:2/29(木) 17:45

トレーダーズ・ウェブ

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング