IDでもっと便利に新規取得

ログイン

海外マーケットトピック-米物価上昇や雇用の困難、予想以上に長引く可能性-FRB議長=ロイター

9/28 7:19 配信

トレーダーズ・ウェブ

<市場動向>
・米国株式市場-NYダウは71ドル高 エネルギー株など景気敏感株に買い
・米債券市場-10年物国債利回り、1.48%に上昇
・NY原油先物-11月限の終値は前営業日比1.47ドル高の1バレル=75.45ドル
・NY金先物-12月限は前営業日比0.3ドル高の1トロイオンス=1752.0ドル
・CME225先物-大阪取引所比で下落、30055円で引け
・VIX指数-18.76へ上昇 米債務上限問題の先行き不透明感根強い

<海外経済指標>
・8月米耐久財受注額(前月比)+1.8%、予想 +0.6%

<海外の要人発言>※時間は日本時間
・27日18:33 社会民主党(SPD)ショルツ氏
「緑の党と自由民主党(FDP)と連立政権を組みたい」
「緑の党と自由民主党と連立を目指す」
「クリスマスまでの連立合意を望んでいる」
・27日21:06 エバンズ米シカゴ連銀総裁
「利回りは予測されたインフレをそれほど反映していない」
「長期的なインフレ期待は依然として2%を下回っている」
「雇用が継続すれば、すぐにテーパリングのテストを行う」
「インフレが許容できないほど高くなっていなければ、低い失業率は政策金利の変更を必要としない」
・27日21:09 ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁
「インフレが中期的に目標の2%を下回ったままであることが基礎シナリオ」
「予想よりも強い価格圧力につながる可能性のあるいくつかの要因があるが、今のところそういった兆候は限られている」
「インフレ上昇を主に一時的なものと見なし続けている」
「パンデミックの進展に依存して、成長見通しは引き続き不透明」
・28日00:06 ベイリー英中銀(BOE)総裁
「インフレに対応するために必要なら金利も手段となる」
「金融政策は供給ショックに対応すべきではない」
「金融引き締め政策は回復を損なう可能性がある」
・28日01:07 ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁
「利上げの基準はまだ満たしていない」
「テーパリングは近く正当化されるだろう」
「新型コロナの急増が雇用回復を妨げている」
「インフレは一時的」
「今年の米成長率は5.5-6.0%と予想」
・28日02:19 ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事
「テーパリングのアナウンスを利上げのシグナルと捉えるべきではない」

<一般ニュース>
・米物価上昇や雇用の困難、予想以上に長引く可能性-FRB議長=ロイター
・米金融・債券市場-10年債利回り一時1.5%乗せ、6月以降で初=ロイター
・ボストン連銀総裁辞任へ、健康問題で退職前倒し-証券取引で批判=BBG
・米耐久財受注、コア資本財が6カ月連続増-設備投資の堅調示唆=BBG

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:9/28(火) 7:19

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング