日経平均は581円程度高、株価指数先物に断続的な買いで上げ幅拡大=22日前場

2/22 10:12 配信

ウエルスアドバイザー

現在値
SMC76,700-4,630.00
ソニーG12,530-230.00
キーエンス62,600-2,370.00
トヨタ3,522-80
ホンダ1,747-38.50

 22日午前10時7分すぎの日経平均株価は、前日比581円程度高い3万8843円前後で推移する。注目されたエヌビディアの23年11月-24年1月決算は、売上高が221億ドルと、市場予想平均の201億ドルを上回った。業績見通しも強く、同社株は時間外取引で一時10%超える上昇をみせたことを受け、半導体関連を中心に買いが先行。買い一巡後は、利益確定売りに押される場面もみられたが、株価指数先物に断続的な買いが入り、午前10時4分には、同652円94銭高の3万8915円10銭を付け、16日の取引時間中の昨年来高値(3万8865円)を上抜いている。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、21日の大阪取引所清算値比120円高の3万8410円だった。

 業種別では、33業種のうち32業種が上昇、1業種が下落している。トヨタ <7203> 、ホンダ <7267> などの輸送用機器株や、ソニーG <6758> 、キーエンス <6861> などの電気機器株が上昇。SMC <6273> 、ダイキン <6367> などの機械株や、出光興産 <5019> 、ENEOS <5020> などの石油石炭製品株も高い。三井物産 <8031> 、三菱商事 <8058> などの卸売株や、日本製鉄 <5401> 、JFEHD <5411> などの鉄鋼株も堅調。INPEX <1605> 、石油資源 <1662> などの鉱業株や、信越化 <4063> 、花王 <4452> などの化学株もしっかり。一方、アステラス薬 <4503> 、中外薬 <4519> などの医薬品株が下落している。

 個別では、八洲電機 <3153> 、マーキュリア <7347> 、野村マイクロ <6254> 、ミガロHD <5535> 、宮越HD <6620> などが上昇。半面、グリー <3632> 、シグマクシス <6088> 、オロ <3983> 、プラスアルファ <4071> 、カドカワ <9468> などが下落している。

 東京外国為替市場は午前10時7分時点で、1ドル=150円台の前半(21日は150円35-37銭)、1ユーロ=162円台の後半(同162円31-35銭)で取引されている。

提供:ウエルスアドバイザー社

ウエルスアドバイザー

関連ニュース

最終更新:2/22(木) 10:12

ウエルスアドバイザー

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング