アーキュティスが決算受け大幅高 売上高が予想の3倍以上に拡大=米国株個別

5/15 23:09 配信

株探ニュース

(NY時間10:07)(日本時間23:07)
アーキュティス 9.20(+1.07 +13.10%)

 皮膚疾患を対象としたバイオ医薬品のアーキュティス・バイオセラピューティクスが大幅高。前日引け後に1-3月期決算(第1四半期)を発表し、売上高が予想の3倍以上に拡大したほか、1株損益の赤字も予想を下回った。皮膚疾患の処方薬に対する需要が伸びた。

 アナリストは売上におけるリベート・返品の割合(GTN)の継続的改善は印象的だったと述べている。販売量の増加とGTNの低下により、年末までの純売上高は増加が期待されるとも語った。GTNはgross-to-netの略。

(1-3月・第1四半期)
・1株損益:-0.32ドル(予想:-0.69ドル)
・売上高:4960万ドル(予想:1530万ドル)
・研究開発費:2310万ドル(予想:2230万ドル)

【企業概要】
 有効な治療法のない皮膚疾患を対象とした治療薬の開発と商品化に取り組むバイオ医薬品会社。尋常性乾癬・アトピー性皮膚炎・脂漏性皮膚炎を対象とした治療薬roflumilastクリームの商業化に取り組むほか、円形脱毛症の治療薬としての局所製剤などの開発を進める。

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

株探ニュース(minkabu PRESS)

株探ニュース

関連ニュース

最終更新:5/15(水) 23:09

株探ニュース

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング