東京外国為替市場概況・12時 ドル円、下押し

2/21 12:09 配信

トレーダーズ・ウェブ

 21日の東京外国為替市場でドル円は下押し。12時時点では149.94円とニューヨーク市場の終値(150.01円)と比べて7銭程度のドル安水準だった。10時過ぎに150.09円まで上昇する場面があったが、買いの勢いは長続きせず。時間外取引の米10年債利回りが4.27%台へ小幅に低下する動きを反映して、NY終値を下回る水準へ押し戻された。

 ユーロドルはじり高。12時時点では1.0815ドルとニューヨーク市場の終値(1.0808ドル)と比べて0.0007ドル程度のユーロ高水準だった。米長期金利が小幅に低下するなか1.0817ドルまで小高く推移した。

 ユーロ円はもみ合い。12時時点では162.18円とニューヨーク市場の終値(162.12円)と比べて6銭程度のユーロ高水準だった。ドル円の円安推移が先行した場面で連れて162.27円まで小幅にユーロ買い・円売りが進行。ドル円の伸び悩みとともに下押したが、ユーロドルのじり高が一定の支えになった。


本日これまでの参考レンジ
ドル円:149.89円 - 150.09円
ユーロドル:1.0806ドル - 1.0817ドル
ユーロ円:162.05円 - 162.27円

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:2/21(水) 12:09

トレーダーズ・ウェブ

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング