• トップ
  • ニュース
  • 雑誌・コラム
  • 新NISAで買うべき「5万円株」2銘柄! アナリストのおすすめは、業績好調&株主還元が手厚い「NTT」、IT2強の統合による成長余地が大きい「LINEヤフー」

新NISAで買うべき「5万円株」2銘柄! アナリストのおすすめは、業績好調&株主還元が手厚い「NTT」、IT2強の統合による成長余地が大きい「LINEヤフー」

11/28 21:21 配信

ダイヤモンド・ザイ

 【新NISA】業績も将来性もバツグンで、長期保有にピッタリの「5万円株」は「NTT」と「LINEヤフー」の2銘柄! 

●安定感と将来性を併せ持ち、しかも少額で買える「NTT」と、
統合効果で成長力が飛躍的に伸びた「LINEヤフー」をチェック! 
 100株(1単元)買うときの必要額が5万円台以下の株を、ダイヤモンド・ザイでは「5万円株」と呼んでいる。手軽に買いやすい5万円株は、2024年1月から始まる新NISAで買うのにもおすすめだ。

 新NISAで個別株を買える「成長投資枠」は、年間の上限投資額が240万円。5万円株なら、それほど上限を気にすることなく複数銘柄への分散投資ができる。もちろん、買うタイミングを分散させつつ、複数単元を保有することも可能だ。「あとちょっとだけ投資枠が余っている」といった場合にも、5万円株なら穴埋めとして候補に入れやすいだろう。

 以下では、アナリストがおすすめする「新NISAで買うのにピッタリな5万円株」2銘柄を紹介しよう! (※株価などのデータは11月2日時点)

 一つ目の銘柄は、2023年7月に1株⇒25株の株式分割を実施して話題になったNTT(9432)だ。

 通信大手のNTTは、大規模な株式分割によって、1単元を1万円台で買えるように。買いやすさだけでなく、好調な業績も魅力だ。最近の好業績を支えるのは、スマホを中心とした情報通信量の増加。NTTドコモを完全子会社化したことにより、NTTは携帯市場でもトップ企業となった。懸念された政府主導の料金引き下げ競争も鎮静化し、携帯事業は競合に先んじて増収へ転じている。

 将来も明るく「次世代で有望なデータセンターはすでに世界3位で、世界中に展開済み」と、東海東京調査センターの石野雅彦さん。さらに、通信量を100倍超にする光を利用した通信技術「IOWN」の技術でも先行。

 「あらゆるモノがネットに接続され、自動運転が普及する2030年代には、収益の大幅拡大が期待できます」と、山和証券の志田憲太郎さんは言う。固定電話⇒携帯・スマホ⇒データセンターや情報技術と、時代に合わせて稼ぐ事業を変化させる柔軟性と技術力も評価したい。

 12期連続で増配中など、株主還元を重視する点や、明確な利益成長計画を掲げる貪欲さも、新NISAでの長期投資に向く理由の一つ。株式を25分割後も株主優待の内容を変えず、実質改善だった点も評価ポイントだ。

 続いて紹介するのは、IT2強の統合で誕生したLINEヤフー(4689)だ。

 LINEヤフーは、ネットポータルで1位のヤフージャパンとメッセンジャーアプリで1位のLINE、PayPay、ZOZOなどを傘下に置く企業。時価総額3兆円の日本を代表する総合型のネット企業だが「まだまだ成長の余地がある」と話すのは、UBS証券の福山健司さんだ。

 「10月からヤフーとLINEのID統合が始まりました。月間利用者数がヤフーは5420万人(※月間ログインユーザー数)、LINEは9600万人(※月間アクティブユーザー数)と、膨大な会員数。この統合効果が期待できます」(福山さん)

 LINEヤフーの収益源は、検索・広告事業だ。売上高は約3割だが、利益は約6割を占めている。LINEのデータ利用でターゲティング広告(ユーザー情報を分析し、ユーザーにとって適切と思われる広告を配信すること)の精度向上による成長が期待できる。

 また、この連携は通販事業の成長にもつながる。通販事業のGMV(流通取引総額)の約8割を占めるのは、2400万人のヤフープレミアム会員の取引。LINEユーザーの一部でもヤフープレミアム会員になればGMVが増える。福山さんはヤフープレミアムの会員数の2倍増もありえるという。

 「さらに、アパレルに強みがあるZOZOや、BtoBに強いアスクル、ホテル・レストランの予約サイト一休、デリバリーの出前館などの連携により、ECで日本首位も狙えるでしょう」(福山さん)

 登録ユーザー5995万人を誇るQRコード決済の「PayPay」も傘下であることから、金融事業も業績成長の牽引役になる。

 「ペイペイのクレジットカードから、QRコード決済の残高へチャージをすると、傘下のECを利用した際にポイント還元するといったことが可能。こういった施策で金融や通販事業の成長が達成できるはず」(福山さん)

 さらに、証券や保険などの利用者増も期待できる。いまは利益がほぼゼロの金融事業だが、2030年には年間1000億円程度の利益を稼ぐことも可能、と福山さんはみる。新NISAで長期保有し、成長に期待しよう。

ダイヤモンド・ザイ

関連ニュース

最終更新:11/28(火) 21:21

ダイヤモンド・ザイ

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング