日経平均は101円安、エヌビディア決算待ちで様子見も下げ渋る=21日後場

2/21 15:18 配信

ウエルスアドバイザー

現在値
INPEX2,594.5+26.50
石油資源開7,1500
出光興産1,081.5-5.50
第一生命H3,653+20
東京海上H4,794+10

 21日後場の日経平均株価は、前日比101円45銭安の3万8262円16銭と3日続落。TOPIX(東証株価指数)は同5ポイント安の2627.30ポイント続落して取引を終えた。現地20日の米国株安を受け、朝方から売りが先行。売り一巡後は持ち直す場面もみられたが、現地21日の米国でエヌビディアの決算発表が控えていることから、様子見姿勢が強まった。午後零時49分には、同268円46銭安の3万8095円15銭と、下げ幅を拡大したが、押し目を拾う動きから下げ渋る展開となった。東証プライム市場の出来高は15億3549万株、売買代金は4兆2861億円。騰落銘柄数は値上がりが598銘柄、値下がりは991銘柄、変わらずは68銘柄だった。

 業種別では、33業種のうち19業種が下落、14業種が上昇した。第一生命HD <8750> 、東京海上 <8766> などの保険株や、INPEX <1605> 、石油資源 <1662> などの鉱業株が下落。出光興産 <5019> 、ENEOS <5020> などの石油石炭製品株や、SMC <6273> 、ダイキン <6367> などの機械株も安い。ニッスイ <1332> 、マルハニチロ <1333> などの水産農林株や、日本製鉄 <5401> 、神戸鋼 <5406> などの鉄鋼株も軟調。JAL <9201> 、ANA <9202> などの空運株や、東電力HD <9501> 、中部電力 <9502> などの電気ガス株も弱かった。一方、バンナム <7832> 、任天堂 <7974> などのその他製品株や、浜ゴム <5101> 、ブリヂス <5108> などのゴム製品株が上昇した。

 個別では、DmMiX <7354> 、サンアスタ <4053> 、マーケットエンター <3135> 、大幸薬品 <4574> 、JBCCHD <9889> などが下落。半面、BEENOS <3328> 、スノーピーク <7816> (監理)、マイクロニ <6871> 、あおぞら銀行 <8304> 、一工薬 <4461> などが買われた。

提供:ウエルスアドバイザー社

ウエルスアドバイザー

関連ニュース

最終更新:2/21(水) 15:18

ウエルスアドバイザー

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング