本土寄り付き:続落スタート、人民元相場の下落などを嫌気

6/21 10:37 配信

トレーダーズ・ウェブ

 21日の中国本土株式市場で上海総合指数は続落して始まった。中国の景気減速や欧米との関係悪化などが警戒されているほか、人民元の対米ドル相場の下落も相場の重しとなっているもよう。

 指数は日本時間午前10時36分現在、前日比0.35%安の2994.81ポイントで推移している。セクター別では、教育や半導体、電子部品などが売られる半面、証券が全面高。太陽光発電設備や貴金属も買われている。

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:6/21(金) 10:37

トレーダーズ・ウェブ

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング