• トップ
  • ニュース
  • 雑誌・コラム
  • ふるさと納税の達人がリピートする「おすすめ返礼品」を紹介! ご飯のお供に最適な「鮭フレーク」、冬の果物「不知火(しらぬい)」、特別飼育された「古処鶏」に注目

ふるさと納税の達人がリピートする「おすすめ返礼品」を紹介! ご飯のお供に最適な「鮭フレーク」、冬の果物「不知火(しらぬい)」、特別飼育された「古処鶏」に注目

12/1 21:21 配信

ダイヤモンド・ザイ

 累計で約700件もの「ふるさと納税」をしてきた達人が、何度もリピートしているおすすめの返礼品を紹介! 

●12回リピートした鮭ほぐしセットや、16回リピートの古処鶏、
さまざまな自治体で頼んで、最終的に行きついた不知火も! 
 自治体への寄附のお礼に、その土地ならではの名産品がもらえる「ふるさと納税」。食材はもちろん、飲料やお菓子、日用品など、さまざまな返礼品が用意されている。さらに、自分が寄附できる金額の上限以内なら、自己負担が実質2000円だけというのも嬉しい点だ。

 2023年10月からルールの厳格化に伴って、寄附額の値上げが広く行われた。とはいえ、少ない自己負担で名産品がもらえる、ふるさと納税の魅力は変わらない。ただ、返礼品を選ぶ際には、これまで以上に慎重になったほうがいいだろう。

 そこで、ここからはふるさと納税の達人・わがやんさんに聞いた、おすすめの返礼品を3つ紹介するので、参考にしてほしい(※以下、データは11月24日現在。商品内容や寄附額が変更されたり、品切れになったりする場合もあるため、最新情報はネットなどで確認を)。

 わがやんさんおすすめの返礼品の一つ目は、北海道鹿部町の「鮭ほぐし 4本セット(計800g)」(寄附額9500円)だ。

 紅鮭、焼鮭の2種セットで合計4瓶もらえる。わがやんさんが12回もリピートしたという逸品だ。「普段の買い物ではなかなか出会えない、ゴロっと大きい鮭フレーク。白いご飯のお供、パスタやチャーハンの具材にもぴったりです! 」(わがやんさん)

 二つ目のおすすめ返礼品は、和歌山県湯浅町の「不知火(しらぬい)約4.5kg(15~28玉)」(寄附額1万7000円)だ。

 不知火は甘み、酸味がほどよく、皮がやわらかくてむきやすいのが特長。「ほかの自治体も試しましたが、結局和歌山の不知火ばかりリピートしています」(わがやんさん)。なお、申し込みは2024年2月28日までで、発送は2024年2月下旬~3月下旬頃となる。

 最後のおすすめ返礼品は、福岡県朝倉市の「古処鶏(こしょどり・計800g)」(寄附額1万4000円)だ。

 冬は水炊きにも最適だという古処鶏。初めて聞いた人も多いかもしれないが「鶏肉の旨みが全然違います。抗生物質などの薬品を使わない特別飼育の鶏なので、安全安心」(わがやんさん)。ぽん酢まで付いており、わがやんさんは16回もリピートしたとか。

ダイヤモンド・ザイ

関連ニュース

最終更新:12/1(金) 21:21

ダイヤモンド・ザイ

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング