日経平均は254円安と続落し3万9000円割れ、プライム7割近くが値下がり=29日前場

2/29 11:51 配信

ウエルスアドバイザー

現在値
日本製鉄3,598-13
JFEHD2,490.5-4.50
三井金5,010-51
東電HLD1,046.5-26
東ガス3,849+4

 29日前場の日経平均株価は、前日比254円54銭安の3万8953円49銭と続落。TOPIX(東証株価指数)も同16.69ポイント安の2658.26ポイントと続落した。日経平均が、取引時間中に3万8000円台となるのは、22日以来、1週間ぶり。前日の上値の重い状況や、現地28日の米国株安を受け、朝方から売りが優勢。午前9時13分に、同331円22銭安の3万8876円81銭を付けた。その後も弱含みでの推移し、心理的なフシ目の3万9000円を意識する動きが続いた。また、外国為替市場で1ドル=149円台の後半まで円高方向に振れたことも、重しとなったもよう。東証プライム市場の出来高は8億4434万株、売買代金は2兆3128億円。騰落銘柄数は値上がりが465銘柄、値下がりは1138銘柄と7割近い。変わらずは53銘柄だった。

 業種別では、33業種のうち29業種が下落、4業種が上昇した。東電力HD <9501> 、東ガス <9531> などの電気ガス株や、日本製鉄 <5401> 、JFEHD <5411> などの鉄鋼株が下落。三井金属 <5706> 、住友鉱 <5713> などの非鉄金属株や、浜ゴム <5101> 、ブリヂス <5108> などのゴム製品株も安い。王子HD <3861> 、日本紙 <3863> などのパルプ紙株や、帝人 <3401> 、東レ <3402> などの繊維株も軟調。武田薬 <4502> 、エーザイ <4523> などの医薬品株や、バンナム <7832> 、任天堂 <7974> などのその他製品株も弱い。一方、郵船 <9101> 、商船三井 <9104> などの海運株や、ZOZO <3092> 、7&iHD <3382> などの小売株が上昇した。

 個別では、ネットプロテ <7383> 、レノバ <9519> 、Ine <4933> 、JMDC <4483> 、ユーザーL <3984> などが下落。半面、あおぞら銀行 <8304> 、大黒天 <2791> 、JVCKW <6632> 、四国化HD <4099> 、松屋フーズH <9887> などが高い。

提供:ウエルスアドバイザー社

ウエルスアドバイザー

関連ニュース

最終更新:2/29(木) 11:51

ウエルスアドバイザー

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング