• トップ
  • ニュース
  • 雑誌・コラム
  • 2023年10月のIPO株(12銘柄)の“投資判断”を紹介!半導体製造装置のシェアが世界トップ級の「KOKUSAIELECTRIC」と、産業用除湿器の「西部技研」に注目!

2023年10月のIPO株(12銘柄)の“投資判断”を紹介!半導体製造装置のシェアが世界トップ級の「KOKUSAIELECTRIC」と、産業用除湿器の「西部技研」に注目!

11/25 21:21 配信

ダイヤモンド・ザイ

 2023年10月に新規上場した「IPO株」12銘柄のうち、アナリストが「強気」と評価した「西部技研」と「KOKUSAI ELECTRIC」に注目! 

●2023年10月に新規上場した「IPO株」は全部で12銘柄! 
新興市場の不調がIPO株にも影響して公開価格割れも続出! 
 10月は12社が新規上場。公開価格に対する初値の平均騰落率はプラス28%で、9月の14%に比べると一見、堅調だ。

 公募・売出規模が3億円あまりと小型だったキャスター(9331)は、公開価格の3倍を超える初値を付けた。また、規模1200億円超で、2018年のソフトバンク以来の大型IPOとして注目されたKOKUSAI ELECTRIC(6525)も、順調な滑り出しだった。

 しかし、12社中5社が公開価格割れスタートの上、現値も公開価格を下回る銘柄が散見されるなど、IPOをめぐる環境は良好とはいえない。

 低迷が続いている東証グロース市場250指数(11月6日にマザーズ指数から名称変更)は、国内外の金利上昇や地政学リスクの高まりを受け、10月は一段安に。前月比で11%の下落となった。

 IPO銘柄でも、市場環境を考慮して当初の想定から公開価格を引き下げる事例が見られた。ただ、比較対象となる類似企業の株価下落がそれ以上に大きく、そうした銘柄でも上場後に調整を強いられたようだ。

 「総じて、新興市場全体の不調がIPO市場にも影響している形です。以前は業績の成長率が高ければ、PERが70~90倍でも許容されましたが、今はそんな雰囲気ではありません。高成長のIT株でも、40倍をつければいいほうです。不安定な相場展開が続くだけに、今後を注視したいところです」(ダイヤモンド・フィナンシャル・リサーチの小林大純さん)

 10月のIPOはIT系が少なかったが「市場環境から、上場を見合わせる動きもあるのかもしれない」と、小林さんは指摘する。一方で、初値が高騰しすぎた銘柄はあまりなく、長い目線で見れば、期待のできる株を仕込むチャンスともいえる。成長性と割安感を冷静に見極めたい。

 ●2023年10月に上場した【IPO株】12銘柄! 

 上場日
 公開価格
 初値
(騰落率)
 株価
(11/6)
 PER
(PBR)
 今後1年の
高値予想
(安値予想)
 投資判断
 3日
◆ニッポンインシュア(5843・東S)
 810円
 1005円
(+24.1%)
 749円
 12.8倍
(1.90倍)
 900円
(600円)

 中立
 【分析コメント】家賃債務保証サービスを中核に、高齢化を見据え介護費債務保証も。単身世帯の増加や法改正で需要は堅調。ただ、類似企業の株価がさえず、同水準のPERに調整。

 3日
◆西部技研(6223・東S)
 2600円
 2687円
(+3.3%)
 2471円
 12.4倍
(2.48倍)
 3100円
(2200円)

 強気
 【分析コメント】産業用の除湿機などを製造・販売。公募・売出規模が150億円超あったが、需給懸念を打ち返し初値は健闘。上場直後の売買の賑わいは一服も、今後の成長に期待。

 4日
◆くすりの窓口(5592・東G)
 1700円
 1580円
(-7.1%)
 1600円
 23.4倍
(5.87倍)
 1800円
(1400円)

 中立
 【分析コメント】処方薬の受け取り予約ができる薬局情報ポータルや、薬局向けの流通改善支援、システム販売。医療のIT化が追い風だが、やはり類似企業の株価が軟調で重石に。

 4日
◆キャスター(9331・東G)
 760円
 2319円
(+205.1%)
 1526円
 23.3倍
(2.80倍)
 1700円
(1200円)

 中立
 【分析コメント】バックオフィス業務代行などで、人手不足に悩む中小企業とリモートワーカーをつなぐ。上場後に発表した今期予想では利益水準が急拡大するが、想定線上だ。

 13日
◆成友興業(9170・名M)
 2300円
 2116円
(-8.0%)
 2330円
 8.3倍
(0.78倍)
 2800円
(2000円)

 中立
 【分析コメント】建設系の産業廃棄物・汚染土壌の処理と公共工事が柱。地方市場の上場で売買が低調だが、2023年9月期の業績は上ブレ。処理困難物の増加が収益を押し上げ。

 17日
◆ケイファーマ(4896・東G)
 950円
 875円
(-7.9%)
 730円
 46.9倍
(4.56倍)
 850円
(550円)

 中立
 【分析コメント】慶應大学発バイオベンチャー。中枢神経疾患領域でのiPS細胞を活用した創薬・再生医療。今期は契約一時金の計上で黒字予想も、まだまだ開発負担が先行か。

 上場日
 公開価格
 初値
(騰落率)
 株価
(11/6)
 PER
(PBR)
 今後1年の
高値予想
(安値予想)
 投資判断
 23日
◆売れるネット広告社(9235・東G)
 910円
 837円
(-8.0%)
 733円
 16.6倍
(3.93倍)
 800円
(600円)

 中立
 【分析コメント】ネット通販の事業者向けクラウドサービスとマーケティング支援で、ネット広告の費用対効果を改善する。顧客は順調に拡大。ただ、公開価格が強気な設定だった。

 24日
◆ジャパンM&Aソリューション(9236・東G)
 1340円
 2250円
(+67.9%)
 2225円
 30.4倍
(9.26倍)
 2600円
(1500円)

 中立
 【分析コメント】主に中小企業が対象のM&A支援。後継者不在による事業承継ニーズはいまだに大きい。金融機関などとの提携で案件を獲得。収益が急伸中だが、相応のPER水準。

 25日
◆KOKUSAI ELECTRIC(6525・東P)
 1840円
 2116円
(+15.0%)
 2650円
 30.2倍
(3.69倍)
 3000円
(2000円)

 強気
 【分析コメント】日立国際電気の半導体製造装置事業が前身で、米ファンドの傘下を経て上場。大型IPOとして注目されたが、海外投資家などの需要が堅調で良好なスタートに。

 25日
◆全保連(5845・東S)
 600円
 580円
(-3.3%)
 586円
 8.0倍
(5.38倍)
 700円
(530円)

 強気
 【分析コメント】家賃債務保証の大手。全国主要都市に19拠点を配し、一定の収益規模に安心感。株式需給の懸念で初値は不調も、低PERで配当利回りが4%台と高い点が魅力だ。

 26日
◆笑美面(9237・東G)
 1240円
 1801円
(+45.2%)
 1392円
 18.5倍
(25.72倍)
 1800円
(1100円)

 強気
 【分析コメント】介護施設の紹介サービスで家族の負担軽減に貢献。コロナ禍を抜けて成長加速の局面に。初値高の反動が一巡し、今後の利益拡大を見越せば上値余地もありそう。

 27日
◆ドリーム・アーツ(4811・東G)
 2660円
 3005円
(+13.0%)
 2470円
 33.3倍
(8.55倍)
 3200円
(2000円)

 強気
 【分析コメント】プログラミングの専門知識なしで業務システムが開発できるツールを提供。サービスのクラウド化が進展、大企業のDX推進を追い風に来期の利益伸長を期待。

 ※データは2023年11月6日時点。

●10月のIPO銘柄の中で、アナリストおすすめの2銘柄を紹介! 
「西部技研」と「KOKUSAI ELECTRIC」に注目! 
 ここからは、10月のIPO株の中で、小林さんが特に注目する2銘柄を深掘りしていこう。

 一つ目の銘柄は、10月3日に上場した西部技研(6223)だ。

 西部技研は、産業向けのデシカント(吸着式)除湿機とVOC(揮発性有機化合物)濃縮装置が主力。特に前者はEV用などのリチウムイオン電池製造工場で需要が増大中。目下、売上全体の約8割を海外売上が占める。中国と欧米を中心に、二次電池市場向けデシカント除湿機の生産・販売を強化。半導体市場向けの拡大にも意欲。成長市場での活躍と堅調な業績に期待できる。

 続いて紹介するのは、10月25日に上場したKOKUSAI ELECTRIC(6525)だ。

 KOKUSAI ELECTRICは、半導体製造の前工程で用いられる製造装置で世界トップ級のシェアを持つ。数十枚以上のシリコンウエハーを一括処理できる「バッチ成膜」技術を強みとする。その技術力は、同社の買収を過去に試みた米国の同業大手も高く評価。半導体市況の回復の遅れなどはリスク要因となるが、中長期的に市場拡大の恩恵が期待できる。

ダイヤモンド・ザイ

関連ニュース

最終更新:11/25(土) 21:21

ダイヤモンド・ザイ

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング