前日に動いた銘柄 part1 ビーアンドピー、ヘッドウォータース、セグエグループなど

2/19 7:15 配信

フィスコ

現在値
木徳神糧5,600+170.00
ヘッドウォ12,260-310.00
群栄化3,810-45
エーアイ861-24
B&P1,849-18

銘柄名<コード>16日終値⇒前日比
ビーアンドピー<7804> 1698 +199
株主優待制度の新設を発表。

群栄化<4229> 3645 +155
24年3月期利益予想を上方修正し増配を発表。

木徳神糧<2700> 5220 -820
24年12月期営業利益が27.3%減予想と発表。

エーアイ<4388> 914 +69
超小型音声認識エンジンなどの提供開始。

ヘッドウォータース<4011> 11030 +1500
Azure OpenAI利用企業向けにマルチモーダルAIラボサービスの提供開始。

サイバー・バズ<7069> 2520 +500
第1四半期営業利益3.5倍で15日ストップ高。16日も買い人気継続。

セグエグループ<3968> 1840 +428
引き続き株主優待制度導入での優待利回り妙味。

三井E&S<7003> 1106 +150
再度の上方修正評価の動きが続く。

大幸薬品<4574> 345 +50
特に材料見当たらず買い戻しが活発化か。

アイネット<9600> 2267 +269
宇宙関連としてのテーマ性がはやされる展開へ。

日本マイクロニクス<6871> 6090 +810
上半期ガイダンスを買い材料視の動き続く。

霞ヶ関キャピタル<3498> 13310 +2000
25日線を支持線と意識し上値追いに安心感。

ファイバーゲート<9450> 975 +93
安値更新で下げ達成感も広がる。

東洋炭素<5310> 7080 +810
パワー半導体製造装置用部材を増産と伝わる。

バンナムHD<7832> 2860 +213
15日は下方修正受けて大幅安となっていたが。

ジャパンインベストメントアドバイザー<7172> 913 +63
東海東京証券では投資判断を格上げ。

ルネサンス<2378> 1105 +63
決算発表後は上値追いが続く展開に。

スノーピーク<7816> 838 +47
底打ち感も広がってリバウンド試す動き。

富士製薬工業<4554> 1682 +91
底値到達感も広がり押し目買い優勢に。

スミダコーポレーション<6817> 1168+62
目先の処分売りにも一巡感が強まる。

T&DHD<8795> 2511 +146.5
第3四半期決算を改めて見直す動きにも。

アンビス<7071> 2510 +158
突っ込み警戒感からの押し目買いが優勢にも。

楽天銀行<5838> 2627 +147
業績上方修正を評価の動きが継続へ。

テスホールディングス<5074> 445 +29
東拓工業から太陽光発電システムの設置工事を受注。

楽天グループ<4755> 778.7 +47.5
10-12月期の想定以上の修正改善を引き続き評価。

野村マイクロ・サイエンス<6254> 15030 +680
第3四半期決算見直しの動きが優勢か。

オプティム<3694> 1072 +62
決算評価の動きが続く形か。

トレンドマイクロ<4704> 7221 -1500
前期実績の下振れ着地をマイナス視。

リンクアンドモチベーション<2170> 616 -67
決算発表後に急騰した反動が強まる。

SCREEN<7735> 18780 -620
半導体関連には一転して利食い売りが優勢に。

さくらインターネット<3778> 5240 -190
半導体関連株安の流れが波及へ。

ピジョン<7956> 1512.0 -64.5
前期業績は下振れで一転減益着地に。

メニコン<7780> 1588.5 -65.0
決算発表後は下値模索の動きが続いく格好で。

SUMCO<3436> 2239.5 -124
半導体関連株一斉利食い売りの流れに押される。


《CS》

フィスコ

最終更新:2/19(月) 7:15

フィスコ

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング