東京株式(大引け)=101円安と3日続落、半導体関連株などに売り膨らむ

2/21 15:42 配信

みんかぶ

(写真:みんなの株式)

現在値
ディスコ56,280+730.00
アドテスト6,017+52
レーザテク43,300+1,250.00
スクリンH18,605+130.00
東エレク39,500+580.00

 21日の東京株式市場で日経平均株価は3日続落。半導体関連株などに売りが膨らみ、全体相場は軟調に推移した。

 大引けの日経平均株価は前日比101円45銭安の3万8262円16銭。プライム市場の売買高概算は15億3549万株。売買代金概算は4兆2861億円となった。値上がり銘柄数は598と全体の約36%、値下がり銘柄数は991、変わらずは68銘柄だった。

 前日の米株式市場は、半導体関連株などに売りが膨らみNYダウやナスダック指数が下落した。これを受け、日経平均株価も値を下げてスタートし、一時200円を超える下落となった。東京市場でも半導体関連などのハイテク株を中心に売りが先行した。米国時間の21日に米半導体大手エヌビディア <NVDA> の決算発表が予定されており、買いを手控える動きも強まった。ただ、海運株や商社株の一角が買われるなどバリュー株を拾う動きも出ていた。

 個別銘柄では、東京エレクトロン <8035> やアドバンテスト <6857> 、レーザーテック <6920> といった半導体関連株が安く、ディスコ <6146> やSCREENホールディングス <7735> も軟調。ソニーグループ <6758> やキーエンス <6861> 、SMC <6273> も値を下げた。ソフトバンクグループ <9984> や三菱UFJフィナンシャル・グループ <8306> も下落した。

 半面、日本郵船 <9101> や商船三井 <9104> 、川崎汽船 <9107> といった海運株が高く、三菱商事 <8058> や伊藤忠商事 <8001> が堅調。トヨタ自動車 <7203> や任天堂 <7974> 、リクルートホールディングス <6098> が値を上げた。ファーストリテイリング <9983> やブリヂストン <5108> もしっかり。

出所:MINKABU PRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

みんかぶ

関連ニュース

最終更新:2/21(水) 15:42

みんかぶ

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング