IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ニューヨーク外国為替市場概況・24時 ユーロドル、軟調

7/6 0:08 配信

トレーダーズ・ウェブ

 5日のニューヨーク外国為替市場でユーロドルは軟調。24時時点では1.0242ドルと22時時点(1.0292ドル)と比べて0.0050ドル程度のユーロ安水準だった。インフレ高進と欧州中央銀行(ECB)の金融引き締めによるユーロ圏景気の減速懸念から、ユーロ売り・ドル買いが優勢となった。年初来安値である1.0350ドルや重要なネックラインとして意識されていた2017年1月3日の安値1.0341ドルを下抜けたことで、テクニカル的にも売りが出やすい状況。24時前には一時1.0239ドルと2002年12月以来約20年ぶりの安値を更新した。

 ユーロ円も軟調。24時時点では139.32円と22時時点(139.81円)と比べて49銭程度のユーロ安水準。ユーロ圏景気の減速懸念から全般ユーロ売りが進んだ流れに沿って、24時過ぎに一時139.15円と6月16日以来の安値を付けた。ユーロスイスフランは一時0.9925スイスフランと15年1月のフラッシュ・クラッシュ以来の安値を付けた。

 ドル円はじり高。24時時点では136.02円と22時時点(135.85円)と比べて17銭程度のドル高水準だった。欧米株安に伴うクロス円の下落につれた売りが出た半面、ユーロや資源国通貨に対してドル高が進んだ影響を受けて136円台前半まで持ち直した。

 カナダドルは対ドルで1.3054カナダドル、対円で104.11円まで値を下げた。WTI原油先物価格の急落を背景に産油国通貨とされるカナダドルに売りが出た。同じく産油国通貨であるメキシコペソも軟調に推移し、対ドルで20.5988ペソ、対円で6.60円まで下落した。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:135.56円 - 136.36円
ユーロドル:1.0239ドル - 1.0449ドル
ユーロ円:139.15円 - 142.37円

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:7/6(水) 0:08

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング