IDでもっと便利に新規取得

ログイン

NY株式:米国株式市場は反発、金利低下が支援要因

7/2 9:12 配信

フィスコ

ダウ平均は321.83ドル高の31,097.26ドル、ナスダックは99.10ポイント高の11,127.84で取引を終了した。

第3四半期及び下半期入りに伴い、新たな投資資金の流入を期待した買いから寄り付き後、上昇。その後、6月ISM製造業景況指数が予想以上に悪化し、2年ぶり低水準に落ち込んだことで景気後退懸念が再燃し売りが加速、一時下落に転じた。しかし、同時に、連邦準備制度理事会(FRB)の急速な利上げの思惑が後退、金利が大幅に低下したことで安心感も広がり下げ止まった。連休を控えた買い戻しも入り再び上昇すると、引けにかけて上げ幅を拡大。セクター別では、公益事業や小売が上昇した一方で、半導体・同製造装置が下落した。

イーコマースのエッツィ(ETSY)はアナリストの投資判断引上げで上昇。消費財メーカーのプロクター・アンド・ギヤンブル(PG)は景気後退懸念が強まるなか、ディフェンシブ関連株として買われた。自動車メーカーのゼネラルモーターズ(GM)は22年の業績見通しを据え置き、小幅高。一方で、百貨店のコールズ(KSS)は小売持株会社のフランチャイズグループによる買収交渉の取り止めを発表し、大幅安。ソーシャル・ネットワーキングサービスのフェイスブックを運営するメタ・プラットフォームズ(META)は業績悪化を見込んでエンジニア雇用計画を縮小すると報じられ、売られた。運送会社のフェデックス(FDX)はアナリストがインフレ圧力による業績への影響を指摘し、同社の投資判断を引き下げたため下落。

サンフランシスコ連銀のデイリー総裁は、FRBは引き締めを計画通り進めるべきとし、7月連邦公開市場委員会(FOMC)での0.75ptの利上げを支持。同総裁は2022年の投票権は持たない。

(Horiko Capital Management LLC)

《YN》

フィスコ

最終更新:7/2(土) 9:12

フィスコ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング