IDでもっと便利に新規取得

ログイン

香港前引け:4日ぶり反落、22000ポイント付近で下げ渋り 大型ネット株に売り

6/28 13:15 配信

トレーダーズ・ウェブ

 28日前場の香港株式市場で、ハンセン指数は4営業日ぶりに反落。前場終値は前日比0.86%安の22039.11ポイントだった。中国企業指数は0.68%安の7763.75ポイント。半日のメインボードの売買代金は概算で786億HKドル。

 ハンセン指数は安く寄り付き、朝方に下げ幅を拡大。前日終値は4月4日以来の高値圏とあって、利益をいったん確定する売りが先行した。27日に米長期金利が上昇して米株式相場が下落した上、きょうの中国本土相場が軟調に推移したことで地合いが悪化。6月の四半期末に向けて機関投資家が投資ポートフォリオを調整するとの懸念も広がったもよう。もっとも、ハンセン指数は心理的節目の22000ポイントを割り込むと下げ渋り、結局は同水準を守って前場の取引を終えた。

 個別では、大型ネット株のテンセント(00700)とJDドットコム(09618)、美団(03690)、アリババ集団(09988)が売られ、相場の重荷となっている。前日高かった申洲国際集団(02313)や香港証券取引所(00388)も下落。医薬品受託開発の薬明生物技術(02269)は続落した。半面、原油高を受けて石油株のCNOOC(00883)とペトロチャイナ(00857)が大きく買われた。豚肉大手の万洲国際(00288)、都市ガスの新奥能源(02688)は大幅に続伸した。

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:6/28(火) 13:15

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング