IDでもっと便利に新規取得

ログイン

米国株見通し:下げ渋りか、長期金利の動向を注視

6/28 11:52 配信

フィスコ

(11時50分現在)

S&P500先物      3,886.60(-13.5)
ナスダック100先物  11,954.90(-53.3)

米株式先物市場でS&P500先物、ナスダック100先物は小幅安、NYダウ先物は70ドル安。NY原油先物(WTI)は強含み、本日の米株式市場は売り先行となりそうだ。

27日の主要3指数は反落。24日終値を上回る場面もあったが、おおむねマイナスで推移し、ダウは62ドル安の31438ドルと3日ぶりに下げた。この日発表された耐久財受注は予想をやや上回り、製造業の回復持続を示した。ただ、前週末にかけて大幅高に振れた反動で、幅広い売りが先行。また、連邦準備制度理事会(FRB)の今後の政策方針に関し見方が交錯するなか、長期金利の上昇でハイテク関連が売られ指数を押し下げた。

本日は下げ渋りか。月末に向けた売り買いが交錯し、方向感は出にくい。今晩発表の経済指標でFHFA住宅価格指数など住宅関連指標は前回並みだが、消費者信頼感指数は低調な内容が予想され、減速懸念による売りが先行しそうだ。また、FRBの金融引き締め観測を背景に前日同様、国債入札が低調な結果なら金利高に振れ、ハイテク関連などへの売り要因に。一方で、FRBはタカ派姿勢を弱めるとの期待感は根強く、過度な売りを抑えるとみる。


《TY》

フィスコ

最終更新:6/28(火) 11:52

フィスコ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング