IDでもっと便利に新規取得

ログイン

27日の中国本土市場概況:上海総合0.9%高で3日続伸、消費関連に買い

6/27 17:20 配信

フィスコ

週明け27日の中国本土市場は、主要指標の上海総合指数が前営業日比29.44ポイント(0.88%)高の3379.19ポイント(上海A株指数は0.88%高の3541.52ポイント)と3日続伸した。3月4日以来、約3カ月半ぶりの高値水準を切り上げている。

前営業日までの好調地合いを継ぐ流れ。中国経済対策や、経済活動正常化に対する期待感が相場を押し上げている。本土で新型コロナウイルスの新規感染者数は、このところ二ケタ台前半で推移。上海市は25日、コロナ防疫戦の「勝利」を宣言し、北京市では27日から小中学校で対面授業が再開された。また、中国人民銀行(中央銀行)は資金供給を継続。人民銀は27日、リバースレポを通じ満期分との差引で900億人民元を市中供給している。先週末に続き、資金供給を拡大させた。(亜州リサーチ編集部)

業種別では、消費関連の上げが目立つ。免税店の中国旅遊集団中免(601888/SH)が6.6%高、スーパーの永輝超市(601933/SH)が4.7%高、酒造の重慶ビール(600132/SH)が4.1%高、自動車の長城汽車(601633/SH)と家電の海爾智家(600690/SH)がそろって2.6%高で引けた。

エアラインや空港、ホテルなど旅行関連株も高い。春秋航空(601021/SH)が4.4%、中国国際航空(601111/SH)が3.8%、広州白雲国際機場(600004/SH)が8.6%、上海国際機場(600009/SH)が4.2%、上海錦江国際酒店発展(600754/SH)が5.0%、北京首旅酒店(600258/SH)が2.9%ずつ上昇した。

エネルギー株もしっかり。エン鉱能源(600188/SH)が7.0%高、陝西煤業(601225/SH)が4.7%高、中海油田服務(601808/SH)が2.9%高で取引を終えた。医薬品株、素材株、インフラ関連株、物流関連株、不動産株、ハイテク株、娯楽・メディア株、銀行・証券株なども買われている。

一方、外貨建てB株相場は、上海B株指数が4.64ポイント(1.53%)高の307.76ポイント、深センB株指数が12.16ポイント(1.02%)高の1200.32ポイントで終了した。

亜州リサーチ(株)


《FA》

フィスコ

関連ニュース

最終更新:6/27(月) 17:31

フィスコ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング