IDでもっと便利に新規取得

ログイン

明日の日本株の読み筋=テクニカル好転で日経平均2万7000円意識も戻り売り警戒くすぶる

6/27 16:30 配信

モーニングスター

 あす28日の東京株式市場では、外部要因の落ち着きが続くようなら、戻りを試す可能性がある。27日の日経平均株価は3連騰し、2万6871円(前週末比379円高)引けとなった。前週末の米国株式が大幅高となり、投資家心理が好転。朝方安かった米株価指数先物が持ち直し、アジア株高も後押しし、上げ幅は一時440円を超えた。

 テクニカル上では、日足一目均衡表の「雲」上限を突破するとともに、2週間ぶりに75日移動平均線(2万6852円)を上抜いた。指呼の間に捉えた25日線(2万6971円)はもとより、心理的なフシ目となる2万7000円が意識される水準であり、踏み込み一つで買い戻しを誘いやすいとも言える。一方、「2万7000円前後の価格帯は商いを多くこなした水準であり、そう簡単にはクリアできない」(中堅証券)との声もあり、戻り売りへの警戒感も指摘される。

 今週は、米国で27日に米5月耐久財受注、28日に米4月S&PコアロジックCS住宅価格指数、米6月CB消費者信頼感指数、30日には米5月個人所得・個人支出などの発表が予定されており、米経済指標にらみの展開に変わりはないようだ。

提供:モーニングスター社

モーニングスター

関連ニュース

最終更新:6/27(月) 16:30

モーニングスター

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング