IDでもっと便利に新規取得

ログイン

米経済、22-23年は辛うじてリセッション回避へ-IMF

6/25 14:32 配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 国際通貨基金(IMF)は米金融当局がインフレ抑制に向け引き締めを実施する中で、米経済は2022-23年に鈍化する可能性が高いが、「リセッション(景気後退)は辛うじて回避する」との見通しを示した。

IMFは米国に関する4条協議(年次経済審査)終了を受けた24日の声明で、「足元の政策上の優先課題はリセッションを引き起こさずに賃金と物価の伸びを迅速に鈍化させることであるべきだ」と指摘。世界的な供給制約や国内の人手不足は続く公算が大きい上にウクライナでの戦争が新たな不確実性をもたらしているとして、「これは難しい仕事になる」とした。

声明発表後、IMFのゲオルギエワ専務理事は政策金利を3.5%-4%に迅速に引き上げる当局の方針は「金融情勢の明確な引き締まりにつながり、インフレ率は目標水準に素早く戻るだろう」と記者団に説明した。「米国でリセッションを回避する道が狭まりつつあることを意識している」とし、「足元の状況の不確実性も認識せざるを得ない」とも述べた。

原題:US Economy to Narrowly Avoid Recession in 2022-23, IMF Says (1)(抜粋)

(c)2022 Bloomberg L.P.

Bloomberg

関連ニュース

最終更新:6/25(土) 14:32

Bloomberg

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング