IDでもっと便利に新規取得

ログイン

NY株式:NYダウ516ドル高、決算受け小売がけん引

5/27 7:00 配信

フィスコ

米国株式市場は大幅続伸。ダウ平均は516.91ドル高の32637.19ドル、ナスダックは305.91ポイント高の11740.65で取引を終了した。前日の流れを引き継ぎ、FOMC議事要旨が想定内の内容で連邦準備制度理事会(FRB)による積極的な利上げへの懸念が和らいだことに加え、インフレのピークアウトへの期待も相場のサポート材料となった。小売企業が相次いで市場予想を上回る四半期決算・見通しを発表したことで消費関連銘柄が上昇し、相場を押し上げた。引けにかけて上げは一服したが、ダウ・ナスダックともに終日堅調に推移した。セクター別では、自動車・自動車部品、小売、耐久消費財・アパレルが上昇した一方、不動産が下落した。

半導体メーカーのエヌビディア(NVDA)は前日引け後に発表した決算で来期の売上高見通しが市場予想を下回り時間外取引では急落していたが、アナリストが投資判断を維持したため上昇に転じた。百貨店のメーシーズ(M)は高級品の需要が持続していることを背景に通期の利益見通しを上方修正し、急伸。ディスカウントストアのダラー・ツリー(DLTR)とダラー・ツリー(DLTR)は高インフレで消費者が低価格の商品を求めているとして通期の売上高見通しを引き上げたことが好感され、大幅高。中国のネット通販最大手のアリババ(BABA)は四半期決算が市場予想を上回る内容となり、上昇した。半導体メーカーのブロードコム(AVGO)は、クラウドコンピューティングを手掛けるヴイエムウェア(VMW)を買収することで合意したと発表し、両社とも上昇。スポーツウエアメーカーのルルレモン(LULU)は投資判断の引き上げを受け大きく上昇した。

衣料小売りのギャップ(GPS)が引け後に四半期決算を発表し、時間外取引で急落している。傘下の低価格ブランドがターゲットとする消費者がインフレの影響を受け始めているとして、通期の1株利益見通しを大幅に下方修正したことが嫌気された。

Horiko Capital Management LLC

《FA》

フィスコ

関連ニュース

最終更新:5/27(金) 7:31

フィスコ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング