IDでもっと便利に新規取得

ログイン

欧州マーケットダイジェスト・26日 株高・円上値重い

5/27 3:25 配信

トレーダーズ・ウェブ

(26日終値:27日3時時点)
ドル・円相場:1ドル=127.26円(26日15時時点比▲0.07円)
ユーロ・円相場:1ユーロ=136.35円(△0.50円)
ユーロ・ドル相場:1ユーロ=1.0714ドル(△0.0046ドル)
FTSE100種総合株価指数:7564.92(前営業日比△42.17)
ドイツ株式指数(DAX):14231.29(△223.36)
10年物英国債利回り:1.968%(△0.058%)
10年物独国債利回り:0.998%(△0.046%)

※△はプラス、▲はマイナスを表す。

(主な欧州経済指標)
特になし

(各市場の動き)
・ドル円は下値が堅い。黒田日銀総裁が「金融市場の安定を確保しつつ、出口戦略を遂行することは十分可能」との認識を示すと、市場は円買いで反応した。米10年債利回りが2.70%台まで低下したことも相場の重しとなり、一時126.55円まで下押し。ただ、その後は米長期金利が低下幅を縮小したことで徐々に下値を切り上げた。欧米株高を背景に円売りが進んだ影響もあり、24時過ぎには127.40円台まで反発。日銀総裁発言後の下げ幅を完全に取り戻す「いって来い」の展開となった。

・ユーロ円も下値が堅い。日銀総裁の発言を受けて全般に円買いが強まった場面では135.23円まで下落したが、その後は買い戻しが優勢に。欧米株の堅調推移を受けて投資家のリスク志向改善を意識した買いが進み、24時過ぎには136.64円まで本日高値を更新した。

・ユーロドルは強含み。新規の取引材料は乏しかったものの、総じて底堅い展開となった。市場では「欧州中央銀行(ECB)による金融政策の早期正常化への期待は根強く、欧米金利差縮小を見越した買いが入った」との指摘もあった。独長期金利の上昇などを支えに下値を切り上げ、一時1.0729ドルまで本日高値を更新した。

・ロンドン株式相場は続伸。英政府が家計への財政支援策を発表すると、消費の下支え期待から小売関連株に買いが入った。また、原油先物価格の上昇を受けてエネルギー株にも買いが入り、相場を下支えした。

・フランクフルト株式相場は続伸。他の欧州株や米国株の上昇につれて終日堅調に推移した。個別ではザランド(10.22%高)やデリバリー・ヒーロー(9.19%高)やハローフレッシュ(6.21%高)などに連日で買いが集まった。

・欧州債券相場は下落。株高を受けた。

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:5/27(金) 3:25

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング