IDでもっと便利に新規取得

ログイン

前場コメント No.7 ビジョン、FPG、JFEHD、KeePer技、GセブンHD、テリロジー

5/26 11:35 配信

トレーダーズ・ウェブ

現在値
ビジョン1,227-64
FPG891-15
JFEHD1,423-7
KePr技3,480-50
G-7HD1,413-22

★9:53  ビジョン-大幅高 6月から外国人観光客受け入れ再開との報道を好感
 ビジョン<9416>が大幅高。NHKが26日、新型コロナの水際対策をめぐって、岸田総理大臣が、外国人観光客の受け入れを来月から再開することを同日にも表明する方針と報じたことが材料。

 報道によれば、上限2万人の枠の中で受け入れ、感染拡大を防ぐために、添乗員付きのツアー客などに限定する案が検討されている。

 同社は旅行者向けなどにWi-Fiルーターレンタル事業を手がけており、インバウンド増が業績に追い風との見方から、買いを集めている。

★9:58  FPG-東海東京が投資判断引き上げ 経常利益は100億円水準に回復へ
 FPG<7148>が急騰。東海東京調査センターでは、経常利益は100億円水準に回復を予想。レーティングは「Neutral」→「Outperform」に引き上げ、目標株価は650円→1150円に引き上げた。

 東海東京では、22/9期通期の予想を修正。新予想は売上高が505億円、経常利益が107億円と前回予想から増額修正。不動産ファンド事業の拡大を見込み、リースファンド事業も当初想定より堅調とみている。23/9期通期は航空旅客数が戻り安定的成長を見込む。予想は売上高が 560億円(前年比10.9%増)、経常利益が120億円(同12.1%増)。引き続き不動産ファンド事業が牽引、主力のリースファンド事業も、コンテナの伸長に加え、航空機リースの立ち直りを見込んでいる。


★10:04  JFEHD-大和が投資判断引き下げ 輸出事業環境悪化を踏まえ
 JFEホールディングス<5411>が小幅安。大和証券では、輸出事業環境悪化を織り込む。投資判断は「2(アウトパフォーム)」→「3(中立)」に引き下げ、目標株価は2000円→1700円に引き下げた。

 大和証券予想を在庫評価影響除く実質事業利益で22年度:1888億円(従来2549億円)、23年度:2317億円(同2645億円)へ減額。従来比では円安前提への見直し(115円/$→125円/$)や紐付き価格引き上げ等が増額修正要因となった一方、輸出鋼材市況低迷影響を減額修正要因として織り込んだ。

★10:04  KeePer技研-東海東京が目標株価引き上げ 全コーティングが好調、利益率の上昇進む
  KeePer技研<6036>が急騰。東海東京調査センターでは、全コーティングが好調、利益率の上昇進む 。レーティングは「Outperform」を継続、目標株価は3100円→4280円に引き上げた。

 東海東京では、22/6期通期業績を売上高143億円(前年比21.3%増)、営業利益43億円(同 41.7%増)とした。主に、キーパーラボ直営店の高付加価値コーティングの施工台数増加や、キーパープロショップ向け卸売販売の増加から増収増益を見込む。23/6期業績は売上高173億円(前年比 20.5%増)、営業利益56億円(同31.1%増)と予想。主にキーパーラボの新規出店や、知名度向上によるコーティング施工台数増加から増収増益を見込む。トヨタ系ディーラーへのコーティング導入は23/6期より徐々に業績に寄与すると想定している。


★10:07  G-7HD-3日ぶり反発 神戸物産が4月実績好調で急騰
 G-7ホールディングス<7508>が3日ぶり反発。神戸物産<3038>が、25日に発表した4月度の実績速報値を受けて急騰していることが材料視されている。

 神戸物産が発表した4月度の売上高は、速報値で前年同月比10.9%増、営業利益は同15.3%増となり、昨年11月以来の2桁利益成長となった。これを受け、神戸物産の株価は一時12%近くまで上昇。同社も「業務スーパー」をフランチャイズ(FC)展開しており、業績期待から買われている。

★10:19  テリロジー-4日ぶり反発 KDDI系とパートナー連携を開始
 テリロジー<3356>が4日ぶり反発。同社は25日、KDDI<9433>系のKDDIエボルバと、ビジュアルカスタマーアシスタンスツール「TechSee」の販売代理店契約を締結したと発表した。

 KDDIエボルバは、同社と連携し、映像を活用した新たなコンタクトセンター「映像サポートサービス」の提供を5月より開始したとしている。

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:5/26(木) 14:34

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング