IDでもっと便利に新規取得

ログイン

米外為市場サマリー:対ユーロでのドル買い波及で一時127円50銭まで上昇

5/26 7:47 配信

みんなの株式

 25日のニューヨーク外国為替市場のドル円相場は、1ドル=127円32銭前後と前日に比べて50銭弱のドル高・円安。ユーロは1ユーロ=135円96銭前後と同20銭程度のユーロ安・円高だった。

 朝方発表された4月の米耐久財受注が前月比0.4%増と市場予想(0.6%程度の増加)を下回ったことで、ドル円相場は126円80銭まで軟化する場面があった。ただ、その後は持ち高調整の動きなどからドルは下値を切り上げる展開。欧州中央銀行(ECB)のパネッタ専務理事の発言を受けてECBによる早急な金融政策正常化の観測が後退するなか、対ユーロでのドル買いが対円に波及したこともあり、ドル円相場は一時127円50銭まで上伸した。なお、米連邦準備理事会(FRB)が公表した5月開催分の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では、大半の参加者が今後数回の会合で0.5%の利上げを実施することが適切と判断していたことが明らかになったが、市場では新味に乏しいとの見方から相場への影響は限定的だった。

 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.0681ドル前後と前日に比べて0.0050ドル強のユーロ安・ドル高だった。


出所:MINKABU PRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

みんなの株式

関連ニュース

最終更新:5/26(木) 7:47

みんなの株式

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング