IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ゲーム株概況(5/26)】ガーラが大幅高…定款の事業目的への暗号資産やBLC関連の事業の追加が刺激材料に アルム買収発表のDeNAは目先の業績への影響懸念で売られる

5/26 16:29 配信

Social Game Info

5月26日の東京株式市場では、日経平均は3日続落となり、前日比72.96円安の2万6604.84円で取引を終えた。前日の米国市場で半導体大手決算が市場予想を下回ったことを嫌気して、国内市場も半導体関連や電子部品関連への売り物が先行した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、モブキャストHD <3664> やガーラ <4777> が大幅高した。ガーラは、定款の一部変更で事業目的に暗号資産やブロックチェーン関連の事業を加える予定であることを発表したことが株価の刺激材料となっているようだ。

また、カヤック <3904> やドリコム <3793> 、オルトプラス <3672> なども買われた。

前日にコミュニケーションミドルウェア「CRI TeleXus(テレクサス)」のアーリーアクセス版の提供開始を材料に大幅反発したCRI・ミドルウェア <3698> は続伸した。

半面、医療ICTベンチャーのアルムの買収を発表したDeNA <2432> は、目先の業績への影響を懸念した売り物に押され、グリー <3632> やサイバーエージェント <4751> など主力株の一角も安い。

スクウェア・エニックスHD <9684> は、みずほ証券が投資判断「買い」を継続し、目標株価を8700円から9000円に引き上げたものの、ゴールデンウィーク明けからの上昇による過熱感もあって、小反落した。

Social Game Info

関連ニュース

最終更新:5/26(木) 16:29

Social Game Info

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング