IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ビットコイン、8000ドルまで下落と予想──グッゲンハイムCIOの発言を振り返る

5/25 18:30 配信

CoinDesk Japan

米投資会社グッゲンハイム・インベストメンツ(Guggenheim Investments)の最高投資責任者(CIO)スコット・マイナード(Scott Minerd)氏は過去数年間、ビットコイン(BTC)価格を積極的に予想している。


同氏の発言は通常、CNBCやブルームバーグといった金融メディアで行われ、業界で高い知名度を誇る同氏の予想は大きな注目を集めた。


だがマイナード氏の予想をいくつか簡単に振り返ると、結果はまちまちだったことがわかる。見てみよう。

2020年12月

●マイナード氏の発言:ビットコインは「約40万ドルになるはずだ」。


●当時のビットコイン価格:約2万ドル。


●その後の値動き:2021年1月に4万ドル強まで上昇。

2021年2月

●マイナード氏の発言:「世界のゴールドの供給量とゴールドの価値を考え、それに対するビットコインの供給量を考えると」、ビットコインは40万ドル~60万ドルまで上昇する可能性がある。だが同氏は、ビットコインの急激な上昇は「短期的な投機の気配があり」、機関投資家の参入レベルは高まっているものの、当時の価格水準を支えるにはまだ十分ではないと述べた。


●当時のビットコイン価格:約4万ドル。


●その後の値動き:2021年4月に約6万5000ドルまで上昇。

2021年6月

●マイナード氏の発言:CNBCに対して、直近の急落のなか、1万ドル~1万5000ドルで底打ちする可能性があると述べた。


●投資家は「今、ビットコインに資金を投入することを不安に思う」べきではないと述べ、市場が再び強気に転じるまで、今後数年間は横ばいで推移する可能性があると付け加えた。


●当時のビットコイン価格:約3万5500ドル。


●その後の値動き:6月最後の数日間に2万8600ドルの低水準まで下落したが、その後数カ月にわたって上昇。9月末には約4万4000ドルとなった。

2021年10月

●マイナード氏の発言:もはやビットコインに投資していないと述べた。


●「何年も前に債券トレーダーとして学んだことは、何が起きているかわからないときは、マーケットから撤退するということ」と同氏はCNBCのインタビューに答えた。「つまり、私の内なる声は、私が完全には理解していないことを告げている」。


関連記事:グッゲンハイムCIO、ビットコインから撤退──2月には60万ドルになると予想


●当時のビットコイン価格:約6万3000ドル。


●その後の値動き:2021年11月に約6万9000ドルの史上最高値まで上昇したが、その後数カ月間で下落。1月には3万2950ドルまで下落した。

2022年5月23日

●マイナード氏の発言:CNBCに対して、8000ドルまで下落する可能性があると述べた。


●「3万ドルを下回り続けると、8000ドルが最終的な底値になる。つまり、特に(米連邦準備理事会が)抑制的であるため、下落の余地は大きいと考えている」


●現在のビットコイン価格:約2万9000ドル。


この先、どうなるだろうか?


|翻訳:coindesk JAPAN|編集:増田隆幸|画像:ビットコインの価格推移(CoinDesk)|原文:Guggenheim's Minerd Says Bitcoin Will Drop to $8K. We Checked His Record

CoinDesk Japan

関連ニュース

最終更新:5/25(水) 18:30

CoinDesk Japan

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング