IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ECBの金利誘導によるユーロの押し上げ効果は限定的との声も=NY為替

5/24 2:10 配信

みんかぶFX

 ECBがついにマイナス金利の解除時期を具体的に示唆し、きょうのユーロは買い戻しが強まっている。しかし、エネルギー価格の高騰のショックがユーロの買戻しを制限する可能性があるとの指摘も出ている。

 ラガルドECB総裁は第3四半期末までに中銀預金金利を現在のマイナス0.50%からゼロに戻す可能性を示唆した。ユーロも買いで反応しているものの、貿易加重ベースでのユーロはドルに対して決して割安とは言えないという。

 米国は原油高騰の恩恵を受けている半面、ロシアのウクライナ侵攻によるエネルギーの輸入コスト高騰がユーロ圏に記録的な貿易ギャップをもたらしているという。本格的なユーロ回復があるとすれば、ECBの金融政策の正常化ではなく、エネルギー価格の正常化によるところが大きく、ユーロドルが1.15ドルまで回復するのは2023年末近くになる可能性があると指摘した。

EUR/USD 1.0678 EUR/JPY 136.51 EUR/GBP 0.8496

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

みんかぶFX

関連ニュース

最終更新:5/24(火) 2:10

みんかぶFX

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング