IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【本日の材料と銘柄】外食主要各社、22年度に店舗数を大幅増

5/23 0:21 配信

フィスコ

外食主要各社が2022年度に店舗数を大幅に増やす、と22日付の日本経済新聞朝刊が報じている。日本経済新聞が5月までに外食主要100社に聞き取りなどを実施したようで、22年度の出店計画を明らかにしている45社で比較すると新規出店は4年ぶりに前年を上回るという。人流の回復に伴って外食産業の需要回復の兆しがあるなか、関連銘柄の動向に注目が集まりそうだ。

<2702>日本マクドナルド{国内最大のハンバーガーチェーン、FC化推進により全体の7割がFC店に}
<2882>イートアンドHD{約30店の店舗増を見込む22年度も住宅街立地を増やす}
<3087>ドトル日レス{22年度に100店の新規出店を計画}
<3563>F&LC{22年度のスシローの国内出店数50店舗強のうち20店舗以上をテイクアウト専門店で出店}
<7581>サイゼリヤ{イタリア料理レストランを全国展開、低価格が売り}
※この記事は、無料のスマートフォンアプリ「FISCO」に先行配信された記事を転載したものです。
《TY》

フィスコ

最終更新:5/23(月) 15:37

フィスコ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング