IDでもっと便利に新規取得

ログイン

明日の日本株の読み筋=上値の重い動きか、米経済指標やFOMC控え見極めムードも

5/23 16:29 配信

モーニングスター

 あす24日の東京株式市場で、主要指数は上値の重い動きか。引き続き米国株式やその後の時間取引での米株価指数先物にらみの展開ながら、米国では24日に5月製造業PMI(購買担当者景気指数)、4月新築住宅販売件数、25日には注目される5月3-4日開催のFOMC(米連邦公開市場委員会)議事録が発表される。米景気の減速リスクや米金融引き締めへの警戒感が意識されやすく、結果を見極めたいとのムードが強まる可能性がある。

 一方、この日は、中国の首都、北京市が新型コロナウイルス対策の都市封鎖(ロックダウン)に入るとの懸念が再び強まっているとのニュースが流れた。同市の新規感染者は22日に99人(前日は61人)と増加し、現在の感染拡大局面で最多となり、今後の感染状況には注視する必要がある。

 23日の日経平均株価は大幅続伸し、2万7001円(前週末比262円高)引けとなった。前週末の米国株式は高安まちまちながら、時間外取引で米株価指数先物が上昇し、支援材料となった。北京での新型コロナ感染拡大が警戒され、伸び悩む場面もあったが、米株先物の一段高で引き締まった。心理的なフシ目となる2万7000円を約半月ぶりに回復するとともに、75日移動平均線や日足一目均衡表上の「雲」を上抜け、テクニカル好転の流れにある。もっとも、手掛かり材料に乏しいなか、戻り売りへの警戒感も根強い。

提供:モーニングスター社

モーニングスター

関連ニュース

最終更新:5/23(月) 16:29

モーニングスター

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング