IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ニューヨーク外国為替市場概況・2時 ユーロ円、強含み

5/20 2:06 配信

トレーダーズ・ウェブ

 19日のニューヨーク外国為替市場でユーロ円は強含み。2時時点では135.17円と24時時点(134.88円)と比べて29銭程度のユーロ高水準だった。ダウ平均が急速に下げ幅を縮小すると為替でもリスク回避の巻き戻しが進み、一気に135.38円まで反発した。ただ、東京午後につけた日通し高値135.46円が抵抗水準として意識されて伸び悩む展開に。再び米株が売りに押されたことも重しとなり、135.01円付近まで上げ幅を縮める場面もあった。

 ユーロドルは底堅い。2時時点では1.0593ドルと24時時点(1.0590ドル)と比べて0.0003ドル程度のユーロ高水準だった。ニューヨーク序盤からの強さが引き継がれて1.0599ドルまで買われた。5日以来の1.06ドル台回復とはならず、調整売りに押された局面でも1.0580ドル台を維持した。
 ほか、ポンドドルが5日以来の高値1.2525ドルまで上昇し、ドル/スイスフランは0.9710フラン台で戻り鈍いなど、欧州通貨の対ドルでの堅調さが目立っている。

 ドル円は買い戻しが強まった。2時時点では127.60円と24時時点(127.36円)と比べて24銭程度のドル高水準だった。クロス円が反発したタイミングで127.73円まで値を上げた。ただその後に米株が弱含むと127.52円付近まで上値を切り下げた。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:127.03円 - 128.95円
ユーロドル:1.0461ドル - 1.0599ドル
ユーロ円:133.93円 - 135.46円

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:5/20(金) 2:06

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング