IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東京マーケットダイジェスト・19日 円上値重い・株大幅安

5/19 15:25 配信

トレーダーズ・ウェブ

(19日終値:15時時点)
ドル円:1ドル=128.61円(前営業日NY終値比△0.38円)
ユーロ円:1ユーロ=134.87円(△0.70円)
ユーロドル:1ユーロ=1.0486ドル(△0.0022ドル)
日経平均株価:26402.84円(前営業日比▲508.36円)
東証株価指数(TOPIX):1860.08(▲24.61)
債券先物6月物:149.60円(△0.08円)
新発10年物国債利回り:0.240%(横ばい)
ユーロ円TIBOR3カ月物:▲0.04900%(横ばい)

※△はプラス、▲はマイナスを表す。

(主な国内経済指標)       <発表値>    <前回発表値>
3月機械受注
前月比                7.1%      ▲9.8%
前年同月比              7.6%       4.3%
4月貿易統計(通関ベース)
季節調整前           8392億円の赤字  4141億円の赤字・改
季節調整済          1兆6189億円の赤字 1兆194億円の赤字・改
対外対内証券売買契約等の状況(前週)
対外中長期債          3708億円の取得超 8203億円の処分超・改
対内株式            3429億円の処分超 788億円の取得超・改

※改は改定値を表す。▲はマイナス。

(各市場の動き)
・ドル円は下値が堅い。時間外のダウ先物が弱含んだことを受けて、リスク回避の円買いが先行。一時127.90円まで下値を広げた。ただ、その後は一転して買い戻しが優勢に。仲値に向けた本邦実需勢の買いが観測されたほか、米10年債利回りが2.85%台から2.91%台まで上昇した影響もあって次第に下値を切り上げた。ダウ先物が一時プラス圏を回復したことも買い戻しを誘い、128.95円まで反発した。

・ユーロ円も下値が堅い。朝方に一時133.95円まで売りに押される場面があったが、一巡後はドル円と同様に買い戻しが優勢となった。ダウ先物のプラス圏浮上にくわえ、日経平均株価も大幅安ながら下げ渋る動きを見せるなか、13時過ぎには135.46円まで切り返した。

・ユーロドルは強含み。昨日に大きく下落した反動から買い戻しが進み、一時1.0507ドルまで値を上げた。また、豪ドル米ドルも全般にリスクオフの巻き戻しが進んだ流れに沿って一時0.7024米ドルまで上昇。4月豪雇用統計で新規雇用者数は予想を下回ったものの、内訳では正規雇用者数が大幅に増加していたため、豪雇用統計を受けた下押しも限られた。

・日経平均株価は5営業日ぶりに大幅反落。昨日の米国株式相場が急落した流れを引き継いで売りが先行し、指数は一時760円超安まで大幅に下押しした。もっとも、その後は値ごろ感などを手掛かりにした買い戻しが入ったほか、日銀による上場投資信託(ETF)の買い入れ期待などもあって下げ幅を縮小した。

・債券先物相場は続伸。昨日の米国株安・米国債券高でリスクオフムードが高まるなか、一時149円66銭まで買いが先行した。もっとも、時間外で米国債が伸び悩んだため、一巡後はやや頭が重くなった。

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:5/19(木) 15:25

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング