IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東京為替:ドル・円は129円30銭台で推移、中国経済のさらなる悪化に対する警戒感は低下

5/18 9:11 配信

フィスコ

17日午前の東京市場でドル・円は129円30銭台で推移。欧米株高や米長期金利の上昇を意識してドルは底堅い動きを保っている。本日発表された1-3月期国内総生産速報値は前期比年率-1.0%で市場予想の-1.8%程度を上回ったが、昨年10-12月期GDPは下方修正されており、経済成長率はさえない状況が続いている。ただ、中国・上海当局はゼロコロナの達成を発表しており、中国経済のさらなる悪化に対する警戒感は低下しつつある。ここまでの取引レンジは、ドル・円は129円32銭から129円54銭、ユーロ・ドルは、1.0546ドルから1.0556ドル。ユーロ・円は136円44銭から136円64銭。

《MK》

フィスコ

最終更新:5/18(水) 9:11

フィスコ

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング