IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東証スタンダード(前引け)=値上がり優勢、スーパーVがS高

5/18 11:32 配信

株探ニュース

 18日前引けの東証スタンダード市場は値上がり銘柄数689、値下がり銘柄数484と、値上がりが優勢だった。

 個別ではスーパーバリュー<3094>がストップ高。インタースペース<2122>、CDS<2169>、キャンドゥ<2698>、SANKO MARKETING FOODS<2762>、セイヒョー<2872>など26銘柄は年初来高値を更新。Abalance<3856>、住石ホールディングス<1514>、santec<6777>、プロルート丸光<8256>、松尾電機<6969>は値上がり率上位に買われた。

 一方、三協フロンテア<9639>がストップ安。サンヨーホームズ<1420>、巴コーポレーション<1921>、成学社<2179>、クエスト<2332>、エフティグループ<2763>など33銘柄は年初来安値を更新。アンビスホールディングス<7071>、ウルトラファブリックス・ホールディングス<4235>、リミックスポイント<3825>、アバールデータ<6918>、ワークマン<7564>は値下がり率上位に売られた。

株探ニュース(minkabu PRESS)

株探ニュース

関連ニュース

最終更新:5/18(水) 11:53

株探ニュース

投資信託ランキング

Yahoo!ファイナンスから投資信託の取引が可能に

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング